ブラック企業の見分け方3選 | 新卒就活.com

2015/11/11更新

ブラック企業の見分け方3選

ブラック企業の見分け方3選を紹介します。
ブラック企業には誰も入りたくないですよね。どうせ働くならきちんとした環境で長く働きたいと思うものです。ですが、ブラック企業の見分け方が分からないと、うっかりそこに入ってしまう可能性もあります。
では以下で見分けるポイントを見ていきましょう。

ブラック企業の見分け方1,給料が高く表示されてないか

woman-271840_640
求人広告等に、給料がとても高く表示されているような会社はブラック企業である可能性が高いです。
ですから、それがまず一つのブラック企業の見分け方だと言えます。
もちろん職務内容的に給料が高くなる場合もありますが、それは一目見れば給料が高い理由も納得できますよね。
理由が分からないのに、「この内容でこの給料?」となる会社は要注意です。

●歩合制等を採用しているので一部は給料が高いこともあるので記載できる

ブラック企業では、歩合制等を採用しているところが多いので、成果が出る一部の人に限り、本当にそれだけ給料がもらえる可能性もあるのです。
ですからそうして高い給料を記載しているのです。
しかし、ほとんどの方はそんなにもらえません。
ひたすらに残業を繰り返して、それでやっと人より少し少ないくらいの給料しかもらえない方がほとんどなのです。
このブラック企業の見分け方は、そういうブラック企業の特徴に基づいた信憑性の高い見分け方と言えるでしょう。

ブラック企業の見分け方2,ハローワーク以外に求人が出ているかどうか

ブラック企業の見分け方として、ハローワーク以外に求人が記載されているかどうかという見分け方もあります。
ハローワーク以外に求人が出ていない場合、その会社はブラック企業である可能性が高いです。
ハローワークには、求人の掲載にお金がかかりません。
ですから、人材採用にお金をかけたくないような経営の苦しい会社や、常に広告を出したい会社にはぴったりなのです。

~ハローワークは求人の掲載に経費がかからない=人材採用に投資しない~

そしてえてしてそういう会社は社員を大切にせず、使いすて気分でコキ使われます。
それはまさにブラック企業だと言えるでしょう。
ですから、ブラック企業の見分け方として、ハローワーク以外に求人が出ているかどうかを確認するということが言えるのです。
色々な媒体で求人を探してみてください。

ブラック企業の見分け方3,社員の年齢層に注目!

ブラック企業の見分け方として、社員の年齢層で判断するという見分け方もあります。
その会社に、やたらと若い人ばかりがいるという会社の場合、ブラック企業である可能性が高いです。
ブラック企業は体力がないとつとめることはできませんし、何より若い人はブラック企業に洗脳されやすいので、そこにとどまりやすいのです。
そうして若い人が集まっていくのです。ですから、ブラック企業の見分け方として、若い人がやたら多くないかを見るということが言えるのです。

~会社説明会に若い人ばかり出てくる会社は要注意!~

特に会社説明会などに若い人ばかり出てくるという会社は要注意ですね。
そういう会社説明会等のイベントには、若い人もつれていくものの、それなりにきちんと仕事について説明できる多少ベテランの方も行くものです。
それなのに若い人ばかりというのは、とても怪しいです。会社が若い人ばかりだと証明しているようなものですね。

ブラック企業の見分け方は給料・掲載されている求人・社員の年齢層を参考にする!

以上、ブラック企業の見分け方のご紹介でした。

●給料が高く表示されてないか
●ハローワーク以外に求人が出ているか
●会社説明会に若い人ばかり出てくる

こういうブラック企業の見分け方があるので、これらを参考にブラック企業を見抜き、うっかり入社しないようにしていきましょう。
その選択は、人生を左右する大きな大きな選択となりますから。