ブラック企業を見極める診断方法と入社後の対処法 | 新卒就活.com

2015/12/02更新

ブラック企業を見極める診断方法と入社後の対処法

ブラック企業を見極める診断方法と入社後の対処法をご紹介します。
ブラック企業では働きたくないという人や、今いる会社はブラック企業なのかどうか知りたいという人は、多いかと思います。
できることなら事前に調べておくことで、ブラック企業を避けたいところですよね。

ブラック企業を見極めるための診断方法1,業界

medical-563427_960_720
まずは、業界の観点から、ブラック企業かどうかを診断してみましょう。
どの業界にも多かれ少なかれブラック企業は存在しますが、その中でもブラック企業の割合が多い業界が存在するのです。

●不動産業界

扱う商品の単価の高さから、営業重視の考えが根底にある不動産業界は診断する際のチェック項目の一つです。
契約のためなら時間はもはや関係なく、見込み客の要望に合わせて朝から晩まで動き回る特徴がある業界です。

●保険業界

こちらも、ブラック企業を診断する際の項目になります。
保険業界は一見して単価の低い商品を扱っているように見えますが、長期的に契約をするという性質から、高額商品と言うことができます。
そのため、不動産業界のような営業重視の社風が出来上がってしますのです。

ブラック企業を見極めるための診断方法2,労働環境

ブラック企業の診断は、労働環境からも調べることができます。早速見てみましょう!

●社員の入れ替わりが激しい

社員の入れ替わりが激しい会社は、ブラック企業と診断できるでしょう。
どんなに忙しくてもそこにやりがいと報酬が用意されているなら、人は居続けます。
しかし、激務であるにもかかわらず報酬が十分ではなかったり、やりがいの面でかけていたりすると優秀な社員ほどすぐにやめてしまうでしょう。
その結果、更にブラック化。悪い連鎖が続くのです。

●残業が多く手当も不十分

当たり前ですが、残業が多すぎるということもブラック企業の特徴の一つです。
まだ残業代としていくらかの手当が出れが気持ち的にも違うのかもしれませんが、残業代が支給されないとなると、やはりブラック企業と認定せざるを得ないのです。

ブラック企業に入社してしまった時の対処法

ブラック企業かどうかの診断をやってみて、自分の勤務している会社、これから勤務しようとしている会社が当てはまった場合、どうすればよいのでしょうか。

●一刻も早く退職する

ひとまずはしばらく様子を見ますが、やはりブラック企業として断定できるのであれば、さっさとやめましょう。
我慢して働いても活路を見いだせず、体も心も消耗してしまうだけに違いありません。逃げの兵法です。

●転職サイトに登録

とはいえ、すぐに退職できないといった人は、ひとまずのところ転職サイトに登録しておきましょう。
水面下でしっかりと準備をしておくことで、本当にどうにもならない場合は強気で退職することができます。
予防線という形で、自分なりの対策をねっておくことが必要なのです。

ブラック企業かどうかを診断する時は業界や労働環境に着目すること!

ブラック企業の診断に、できるだけ当てはまらない企業に勤めるのが理想ではあります。
しかし、万が一にもブラック企業のお世話になってしまったという場合は、できる限る環境を変える努力をしましょう。
無理にブラック企業に勤めて我慢していても、活路は見いだせません。心と体を壊す前に、逃げるが勝ちということです。