ヘアスタイルで就活の印象アップさせる方法 | 新卒就活.com

2015/11/19更新

ヘアスタイルで就活の印象アップさせる方法

ヘアスタイルで就活の印象アップさせる方法をご紹介します。
就職活動を行う際には身だしなみというものは非常に重要なウエイトを占めるものとなります。
そのため、トータルコーディネートはもちろんのこと、ヘアスタイルにも注意を払う必要があります。
ヘアスタイル次第で就活における印象も大きく変わると言えます。

就活に適切なヘアスタイル【男性編】

demonstration-425278_640
男性の場合、ヘアスタイルに関してはとにかく清潔感と爽やかさが必須の条件となります。
なぜなら、いくらスキルや実力があり様々な資格を有していたとしても、学校での成績がトップクラスだったとしても、そのことは見た目には一切分からない内面的なものです。
もし優秀な人材であっても金髪やロン毛といった社会人にふさわしくないヘアスタイルの場合、第一印象だけで採用不可となってしまうこともあると言えます。

~耳を出す・長過ぎない前髪・整えられた襟足がポイント!~

そのため男性の就活の際のヘアスタイルに求められるのは、爽やかで清潔感のあるショートヘア、もしくはミディアムショート程度の長さのヘアスタイルが最適だと言えます。
ポイントとしては耳を出すこと、前髪が長すぎないこと、そして襟足も綺麗に整えられていることの3つは外せないポイントとなります。
長い髪の場合は短くカットすることが必要となります。髪色に関しても黒の一択となりますので、茶髪や金髪の場合は必ず髪の色を黒に染めることが求められます。

就活に適切なヘアスタイル【女性編】

女性の就活の場合男性よりも多少ヘアスタイルに関しては甘いといえ、男性では厳禁とされている茶髪に関してもそれほど厳しくチェックすることはないと言えます。
とはいえ、あまりにも明るすぎる茶髪はマイナス印象になりますので、自然に見える程度の茶髪であればわざわざ黒に染める必要はないと言えます。

~長い場合には必ず結ぶ・ショートヘアーはこまめにカットを!~

ヘアスタイルに関しては男性同様に清潔感が求められますので、長い場合には必ず結ぶと言うことが求められます。
女性の場合はポニーテールなどでも問題はありませんが、長すぎてポニーテールにした髪の毛が鬱陶しい場合には、お団子にしてスッキリ収める必要があります。
ショートヘアの場合には、きちんと整えておくことが重要となりますので、多少伸びてきた場合には出来るだけこまめにヘアスタイルをキープできるようカットすることが必要となります。

男女ともに注意すべきヘアスタイルのポイント

就活する際のヘアスタイルに関しては、男女ともに新卒らしい清潔感が求められますが、それ以外にも男女ともに押さえるべきポイントがあります。
それは長さはばっちりでもヘアスタイルが乱れている場合や、寝癖のまま就活を行ってしまうと言った様なことは避けるべきことだと言うことです。

~寝癖やセットしないままのヘアスタイルで就活に挑むのはNG!!~

いくら長さが短くても、セットしないままで就活に臨むとやはり見た目の印象はあまり良くないです。
寝癖に関しては言うまでもなく印象は最悪ということになります。
そもそも寝癖などが付いたまま就活を行うことは、気持ちに緩みが生じていると企業には映りますし、寝癖で就活に訪れるということは企業のことを軽く見ていると印象付けてしまうことにもなります。
そのため必ずヘアスタイルは整えて清潔感のある状態で就活を行うことが必要となります。

就活をする上でのヘアスタイルはきちんと整えて清潔感のある状態をキープすること!

< 就活をするうえでヘアスタイルは細心の注意を払うべきポイントと言えます。 スーツなどがきちんとコーディネートで来ていても、ヘアスタイルがダメであれば全てがダメな印象となります。 ですから就活の際には必ずヘアスタイルのチエックを行うようにしましょう。