ホワイト企業の偏差値知るメリットとは | 新卒就活.com

2016/08/31更新

ホワイト企業の偏差値知るメリットとは

ホワイト企業とは就活生の皆さんも良くご存知の単語だと思います。
社員を大切にする福利厚生や教育制度が整っている会社のことを指します。その対象にはブラック企業というものがありますよね。
ここで世間では、ホワイト企業の紹介と呼ばれている会社を紹介します。

ホワイト企業とは??

human-112389_640
数々の難関が待っている就職活動。できればホワイト企業の偏差値を、シッカリ知っておきたいもの。
世の中にはブラックとホワイトの2タイプが存在します。
うっかり下調べもせずにブラック企業に入社をしてしまうと「サービス残業」「昇給が期待できない」「社員のモチベーションが低い」「休日出勤が多く疲弊する」などの、プライベートを楽しむ余裕もないまま、次から次へとブラックなタスクをこなす必要があります。

ホワイト企業の偏差値を知ることで比較検討できる!

ホワイト企業をしっかり見極め、その偏差値をしっかりアタマの中に入れておくことが、長く続く就活戦線を乗り切るためのヒントに繋がります。
また、企業を選ぶうえでの判断材料の一つとして使える情報です。
ホワイト企業をセレクトし「笑顔で毎日を過ごすことのできるサラリーマンやOL」を目指しましょう。

文系ホワイト企業の偏差値

文系の学生が知っておきたい、ホワイト企業の偏差値。
ランキング1位は文系のホワイト企業偏差値でも、もっとも高いスコアをあげる偏差値70の「日本銀行」です。
エリート中のエリートが進む、日本きってのグローバルバンク。東京大学や一橋大学など、名立たるエリートが軒をつらねる超エリート機関です。
ランキング2位は偏差値69の「三菱総研の国際協力銀行」です。ランキング3位は偏差値68の「フジテレビ」「三井不動産」「三菱地所」などがあります。ランキング4位は偏差値67、ご存じ「日本テレビ」「三菱商事」。ランキング5位は偏差値66「テレビ東京」「NHK」「TBS」「三井物産」。ランキング6位は偏差値65「博報堂」が入っています。

理系ホワイト企業の偏差値

特別なスキルをもち、就活戦線も有利に乗り越えることができると言われている理系のリクルーターたち。
けれども、おさえておきたいのは理系のホワイト企業の偏差値です。
理系ホワイト企業をシッカリ選び、偏差値のレベルを知ることによって、就活の動向をさぐることができます。

理系ホワイト企業の偏差値、みごとランキング1位に輝いたのは、偏差値70の「IBM」です。第2位は偏差値69「武田製薬」「アステラス製薬」第3位はご存じ「NHK」、第4位は偏差値67「JR東海」「大塚製薬」「エーザイ」。第5位は偏差値66の「DoCoMo」「トヨタ自動車」。第6位は偏差値65「サントリー」「旭硝子」「ANA」「三菱重工」「花王」「アサヒ」「キリン」などが軒をつらねます。

ホワイト企業の偏差値を知ることで就活の動向を探る!!

文系ホワイト企業の偏差値、理系ホワイト企業の偏差値をお伝えしてきました。
文系や理系の偏差値ランキングを少し頭に入れておいて「就活の動向を知っておくこと」が大切です。
偏差値の高いところは、それだけ競争も激化していて、多くのリクルーターが殺到する企業です。
偏差値の値を知っておき「どんな企業がライバル就活生に、より好まれているのか」事前に知っておくことは、賢い就活ライフにとって必須です。