ホワイト企業の基準とは?ブラック企業を選択しない秘訣 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

ホワイト企業の基準とは?ブラック企業を選択しない秘訣

ホワイト企業の基準とは?ブラック企業を選択しない秘訣をご紹介します。
頑張って就活をして入社した企業がブラック企業だった場合、就職したことを後悔することにもなりかねません。
そのため就活前にその企業がホワイト企業かブラック起業かを見分ける必要があるといえます。

ホワイト企業の最低限の基準とは??

puppy-752311_640
ブラック企業は企業の利益のために無理な労働を強いる、劣悪な労働環境の企業のことを言いますが、ではホワイト企業とは何なのでしょうか。
ホワイト企業とばブラック企業とはま逆の企業のことで、社員に無理な労働を強いることなく社員を大事にしている企業のことを言います。

~ホワイト企業とは社員を大切にする会社~

基本的にホワイト企業の基準となるのは、「残業がない」「福利厚生が確立している」「長期間の勤務者が多い」「給与形態がはっきりしている」というのが最低限の基準となります。
逆に言えばこれらを満たしていない企業はホワイト企業とはいえないということになりますので、企業の募集内容をしっかりと見て、これらの項目がきちんと記載されているかどうかを確認する必要があります。

ホワイト企業の特徴とは女性社員が多い!

ホワイト企業企業の最低限の基準はわかったと思いますが、その基準を満たしている企業には女性社員が多いのも特徴だといえます。
女性の場合、男性とは違い結婚した場合に出産を行なうことが多いため、その時点で勤務している会社を辞めてしまう場合がほとんどだといえます。

~出産後も復帰することが可能な福利厚生が整備されている証拠~

しかしホワイト企業となり得る基準をきちんと満たしている企業の場合、出産後の復帰に関する社内規定などもしっかりしていることが多く、出産での育児休暇といった福利厚生も非常に整備されているといえます。
そのため女性が会社を辞めずにその仕事に戻ることが可能なため、必然的にホワイト企業には女性社員がおいということになります。
やはり男性だけでなく女性も働きやすいということが、ホワイト企業の基準だといえるでしょう。

ホワイト企業の特徴とは社内制度が充実している

ホワイト企業の基準として社内でのスキルアップ、ステップアップが可能ということも、非常に重要になってくるといえます。
ホワイト企業としての基準を満たしている企業の場合、仕事に対する対価である給与形態がきちんとしています。
仮に残業があった場合にはそれに対する賃金もきちんと支払われます。そして頑張っている社員には昇格のチャンスも与えられています。

~頑張った分だけ社員が報われる制度がある~

もっと会社で仕事をバリバリこなして企業の力になりたい人にはスキルアップを行なうことも可能になっています。
資格取得に対する報酬制度などが充実しているのもホワイト企業の基準といえます。
ブラック企業の場合、こういった社内制度は皆無だといえますし、仕事を頑張っても残業代は支払われない、昇格や昇給がない、異常に高いノルマが課せられるなど社員を大事にしない傾向があります。
そういった企業を選ばないようにすることが重要となります。

ホワイト企業の基準とは社員が安心して長く働くことができる制度と環境が整備されている会社

ホワイト企業の基準を満たした企業を選択した場合、長い期間安心して企業に勤めることも可能になります。
仕事に対するやる気も削がれることがないといえます。
やはり安心しては働けるホワイト企業に勤務することは就活で失敗しないためにも重要だといえますので、正しく働ける企業を選択するようにしましょう。