ホワイト企業の見分け方のポイント | 新卒就活.com

2016/09/12更新

ホワイト企業の見分け方のポイント

ホワイト企業の見分け方のポイントをお教えします。ホワイト企業はどのように見分けられるのでしょうか。
ぜひ、今後の就職活動を有利に進めるためにもホワイト企業の見分け方のポイントについては押さえておきましょう。就活生には必見のページです。
ぜひ、見ておきましょうね。

ホワイト企業の見分け方のポイント1,社長が出てくるかどうか

eyes-218185_640

ホワイト企業の見分け方としてまず最初に紹介するのが、社長が採用活動に出てくるタイミングで見分けるという見分け方です。ホワイト企業は、社長が早めに採用活動に顔をだして、その会社への熱意を伝え、良い人材に来てほしいと思っているものなのです。

~良い人材に来てもらうために社長が出てくる場合が多い~

ホワイト企業とはすなわち人を大切にする企業です。人を大切にするためには良い人材に来てもらわないとなりません。
だから人を大切にする、長く働いてほしいと思っているホワイト企業では早い段階で社長が採用活動に顔を出すのです。具体的には、会社説明会に社長が顔をだしたら、その会社はホワイト企業と思っても良いでしょう。

ホワイト企業の見分け方のポイント2,採用プロセスの長さ

ホワイト企業の見分け方として、採用までのプロセスが長いかどうか、という見分け方があります。採用までのプロセスが長いということは、それだけ慎重に人材を選ぶということです。慎重に人材を選ぶのはなぜでしょうか。

~一次・二次・最終くらいのプロセスがあれば問題なし~

それはそこで長くはたらいてくれる人材を確保したいからですよね。つまり、人を大切に思っているから、採用までのプロセスが長くなるのです。
社員を大切に思わないならとりあえず採用して、ダメになる人が出てきたらまた採用活動すればいいやと思っているブラック企業なら、そうはならないでしょう。
したがって、この見分け方でもホワイト企業を見分けることができるでしょう。一次・二次・最終、くらいのプロセスがあれば、問題はないですね。

ホワイト企業の見分け方のポイント3,研修の長さ

ホワイト企業の見分け方として、最後に紹介するのは、研修が長いかどうかという見分け方です。
ホワイト企業では人を大切にします。大切にするということは大切に育てるということですね。ですから、必然的に入社後の研修も長くなるのです。

~ブラック企業は数日程度で業務につくことが多い~

ブラック企業では研修も数日程度でさっさと業務につくという会社もあります。
ホワイト企業ではそんなことはなく、1〜3ヶ月の新人研修を行うところが多いです。
ですから、説明会などで研修の長さについて尋ねてみると良いでしょう。研修が一ヶ月くらいあればまずホワイト企業だと思って間違いはないはずです。

ホワイト企業は人を大切にする会社であり成長する企業

ホワイト企業の見分け方としては、以上になります。ホワイト企業のように人を大切にする会社は、これからどんどん成長していく会社でもあります。
結局世の中は人です。人でなりたち、人に支えられているのが世の中であり、会社であるのですから、人を大切にしない会社が成長を続けられるはずもありません。
つまりホワイト企業に入るということは、安定もするということです。ただ単に働きやすい環境であるというだけではなく、安定もできるのですから、誰だってホワイト企業に入社したいものですよね。ここまで紹介してきた見分け方を参考にして、是非優良なホワイト企業を見抜いていってください。