ホワイト企業リストの活用方法とは | 新卒就活.com

2016/09/02更新

ホワイト企業リストの活用方法とは

ホワイト企業リストの活用方法をお教えします。
ホワイト企業ってどんな企業のことを差すの?ブラック企業とはどう違うの?ホワイト企業とブラック企業の差が分からなくて困っている就活生も多いのではないでしょうか。
今後の就職活動をスムーズに進めるためにも、ホワイト企業リストの活用法については身につけましょう。

ホワイト企業リストは就職活動に有用!!

sky-49520_1280
活動を行なっている際には、やはり優良企業への就職が望ましいといえます。有名な企業だから優良企業であるということは無く、逆に有名なために業務が忙しすぎるということもありえるわけです。
そのため働きやすい企業への就職にホワイト企業リストを活用するのも良い選択肢だといえるのではないでしょうか。

~3年以内の離職率が低い企業のこと!!ネットや書籍で確認可~

ホワイト企業リストとは、全国の上位優良企業名を記載したリストのことで、3年以内の離職が少ない企業などが掲載されたリストとなります。インターネットなどでも簡単に探すことが出来ますし、書籍などでも確認をすることが出来ます。

そもそもホワイト企業とは社員が働きやすい会社のこと

ホワイト企業リストを就活に活用することで、就職後も安心して働ける企業を選択することが可能となります。
ホワイト企業リストに載っている企業は、新入社員にも優しい企業が多いため、仕事が嫌になったといったことも少ない企業だとといわれています。

~働きやすさが離職率の低下を生む!!~

ではホワイト企業とは何なのかといいますと、収入が安定している、決められた休日などがきちんと取れる、残業代はちゃんと支払われる、労働時間を準拠している、福利厚生が確立されているといった企業のことを指します。会社が働きやすければ必然的に離職率も低くなるため、こういった企業のことをホワイト企業と呼んでいます。

ホワイト企業ではない会社は社員が働きにくく離職率がとても高い!!!

ホワイト企業リストに載っている会社は、基本的な労働に関した決まりがしっかりしている会社だといえます。

それはごく当たり前のことで、ホワイト企業リストに載っていない会社のほうに問題が多すぎるといってもいいのかもしれません。

~ブラック企業は時間外労働が多いのに残業代が支払われないなど業務形態が粗悪~

ホワイト企業の対義語にブラック企業というものがあります。近年よくニュースなどでも聞く言葉です。このブラック企業は違法とも言える労働時間、長時間労働なのに低賃金、休日がまともに取れない、残業代が支払われない、会社の圧力による支配といった、ホワイト企業とはかけ離れた業務形態になっている場合がほとんどです。

そのためもし入社した会社がブラック企業だと気づいたときには、自分もその環境に巻き込まれて働くことになってしまうわけです。

ホワイト企業リストを活用して就職先は慎重に選びましょう!!

就活の企業選びは焦らず落ちついて選ぶことが重要だといえます。そのためにはホワイト企業リストを活用しホワイト企業リストに載っている企業を選択することも必要となって来るのではないでしょうか。

会社の内部の実情は、入社した人にしかわかりませんし、ブラック企業かどうかなんて表から見ただけではまず知ることが出来ません。

会社説明会でもそれは分からないことですから、実際に就職して働いている人が優良企業だと名前を上げているホワイト企業リストは非常に信頼に値するリストだと居るのではないでしょうか。

もちろん最後に決めるのは自分自身なので、自分の意思も重要だといえます。