ボーナスから控除される所得税の算出方法 | 新卒就活.com

2015/12/16更新

ボーナスから控除される所得税の算出方法

ボーナスにおける所得税の算出方法をご紹介します
ボーナスが支給されたら気になるのが手取り金額です。
様々な天引きがされるために、思ったよりも少ないと嘆く人も少なくないものです。
そこで、実際にどの程度の額が引かれているのか、所得税のケースで見ていきます。

ボーナスから引かれる所得税

euro-870757_960_720

ボーナスも賃金であることから、税金が引かれることになります。
といっても住民税は引かれていないのに所得税だけなぜ?と思うところです。
住民税はもともと、12分割されて納めるものなのでボーナスは無関係となります。
そのために所得税だけ計算されることになるわけです。

●所得税の税率は前月の給料をベースにしたもの

ボーナスに対する所得税は、その金額全てに対して課税されるわけではないものです。
まず社会保険料が引かれて課税所得を算出することになります。
その後に、適用される料率を掛けることで天引きされることになります。
社会保険料は地域によって異なりますが、同じ料率となっています。また、その料率は前月の給料を基にして決まります。

ボーナスから引かれる所得税を算出する方法

ボーナスの所得税を算出するには、まず社会保険料がどの程度引かれるのかを知る必要があります。
例えば東京都の場合には、健康保険料は9.97%(ただし介護保険料を含む場合は11.55%)で厚生年金保険料は17.474%となり、これを会社と折半することになります。また雇用保険料は0.5%を掛けて引かれます。

●扶養家族を考慮する必要がある!

ボーナスの課税所得が出たところで、次に所得税の料率を求めることになります。
これは前月の給料から社会保険料を引いた金額が基準となって決まるものとなります。
扶養親族の数も考慮した後、前月の給料に対しての料率が表となっているのでそこに当てはめて求めることになります。
その料率を課税所得に掛けて、所得税が決まります。

ボーナスの所得税も暫定的なもの

以上の流れでボーナスに対する所得税が算出されます。
けれどもこれはあくまでも暫定的なものもなります。というのも、前月の給料がたまたま残業が多いなどで多いと、ボーナスの所得税も多くなってしまうからです。
けれども年末調整を行う時に年間の収入に対する税金を改めて計算するので、納めすぎた分は戻ることになります。

●確定申告でも払いすぎた税金は還付される

ボーナスで天引きされた所得税は年末調整だけではなく、確定申告によっても還付されることになります。
例えば医療費控除を申告することによって、ボーナスを年間の収入に加えて改めて課税所得を算出することになります。
その後で納めるべき税金を計算することになります。

ボーナスから控除される所得税は暫定的なもの!確定申告や年末調整で還付される

このように暫定的ではありますが、ボーナスから社会保険料を引いて上で課税所得を算出し、それに対して所得税を計算することになります。
その際には、前月の給料が基になって税金の料率が決まってくることがポイントとなります。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆