ボーナスがない人に効果的な気の紛らわし方 | 新卒就活.com

2015/12/08更新

ボーナスがない人に効果的な気の紛らわし方

ボーナスがない人に効果的な気の紛らわし方をご紹介します。
社会人になってまわりの人にボーナスが出始める時期、そんな時期にボーナスがない人は、とても肩身の狭いを思いをしますよね。
そのせいでモチベーションがなくなってしまう方もいるでしょう。

ボーナスがない人の乗り越え方1,テレビやSNSを避ける

environmental-protection-886794_960_720
ボーナスがない人は、ボーナスの時期にテレビやSNSを見ないようにした方が良いでしょう。
その時期にはボーナスでこんなものを買ったとか、はじめてのボーナスで親に何をプレゼントしたとか、そんな投稿が多くなりますし、テレビでもボーナスを何に使いましたかというインタビューが流れてくるでしょう。それを見るたびに傷つくので、なるべく避けた方が無難です。

SNSを利用して同士を探すことで気を楽にできる

テレビは見ない方が良いですが、SNSに関しては別の使い方があります。
SNSを利用して、同士を探すという方法です。ボーナスがないというのは、もちろん自分だけではありません。
日本だけでみても同じ境遇の方はいますから、SNSでそういう人を探して、安心すると良いでしょう。
それだけで心は楽になりますよ。

ボーナスがない人の乗り越え方2,他者と会わない

この時期にたくさんの人に合うようにすると、「ボーナスいくらもらった」だのそういう話でもちきりになります。
するとボーナスがない人は居心地の悪い思いをすることは明白です。
ですから、なるべく他社の人とあわないようにする方が良いでしょう。
同じ会社の人であれば同じボーナスのない人ですから、会ってもそういう思いをすることがありません。

友人などは年明けに会えばよい

忘年会など人と会う機会が多いのがこの時期ですが、それは新年になっても同じことです。
ですからボーナスがない人は、年末は沈黙を貫き、新年になったら他社の人と会うようにすれば良いのです。その時期になれば誰もまずボーナスの話題を出すことはありませんから気分を悪くする心配もありません。

ボーナスがない人の乗り越え方3,仕事でも日常でも忙しくする

仕事でも日常でも忙しくしていれば、ボーナスのことなど忘れられていきます。
ですから、ボーナスがない人は、仕事でも日常でも忙しくするということがオススメです。
たとえばテレビや人の話で聞かなくても、暇があればどうしても「ボーナスがでればなぁ」と思ってしまうのがボーナスがない人です。しかし忙しくしていればボーナスの事を考える暇がなくなります。

何かしらの趣味を持つようにするのが良い!

仕事はただただ一所懸命にやれば没頭できるでしょう。
日常に関しては趣味を持つようにするとより忙しく毎日を充実して過ごせるようになるでしょう。
ですからボーナスがない人はこの時期に何か趣味を見つけることがオススメです。
身体を動かすことであればよりメンタルを健康的にしていけるので、身体を動かす趣味が特におすすめです。

ボーナスがない人は部屋に引きこもらず、1人身体を動かす趣味を見つけよう

以上、ボーナスがない人のためのボーナス時期の乗り越え方のご紹介でした。
ボーナスがない人にとって、12月などの時期は過ごしづらいものです。
特に若い世代にとってはなおさらでしょう。ぜひこれらのことを参考に、上手くこの時期を乗り越えていってください。するとそのうち何とも思わなくなるでしょう。