ボーナスがない状況を回避するポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

ボーナスがない状況を回避するポイント

ボーナスがない企業にはある特徴があります。
元々ボーナスがない非正規社員だけでなく、業績などの影響で支給自体が出来ない場合もあり、会社の経営状況が大きくかかわる場合も多いのです。
ではボーナスがない会社にはどのような特徴があるのか、以下でみていきましょう。

ボーナスがない企業の特徴を知る

escalator-769790_960_720
大企業や公務員ではボーナスがある事が当たり前です。
特に公務員は法律で定められているためボーナスが支給されないケースがないのです。
その分副業禁止などの制限もあるので、一概に優遇されているとは限らないのも特徴です。
一方で、中小企業ではボーナスの支給自体が無い企業も数多くあります。

●ボーナスがない代わりに月収が高い!

特に従業員自体が少なく、自転車操業の様な会社に至っては、ボーナスを支払う余裕すらない場合もあります。
ボーナスがない代わりに月収などが高い場合もありますが、企業数が多いためにその待遇はまちまちなのもポイントです。
比較的大きな会社でも業績によってはボーナスカットと言うこともあり得ない話ではないため、ボーナスが少しでもほしい場合は業績の安定性も視野に入れる必要があります。

ボーナスがない場合の対策

業績が上り調子の企業はボーナス額も弾むことが多いものですが、一方で停滞期に入ると一気に支給額が減ると言うケースもあります。
ボーナスは法的な決まりがないもののため、雇用時の契約などで明記されていない限りある程度自由に経営陣の裁量で決定できるのです。
あまりにボーナスの波が激しい場合は生活を維持するのが難しいため、ボーナスや給料額を会社と交渉するために労働組合を作ることも一般化しています。

●労働組合で活動してボーナスがない状況をつくらせない!

突然のボーナスカットをなくすためにも、積極的に労働組合で活動するのも方法の一つです。
キャリアアップを目指して転職すると言う方法もあるため、ボーナスに限らず待遇に合わせて働く場所を選んでしまうのも方法の一つです。
自分自身のことは自分で守りましょう。

ボーナスがない雇用形態を知る

転職を視野に入れた場合に、非正規雇用でつなぎ的に働こうと言う人もいるはずです。
また、就活が上手くいかなくて派遣社員にと言う人も多いのも現実です。
派遣社員などの非正規雇用者は、ボーナスがないのが基本になります。
あるにしても寸志程度で数万円と言うケースも多くボーナスも昇給もほとんどないことから、一生働き続けるのは難しい仕事です。

●非正規雇用者はボーナスがないのが基本!もらえても数万円程度

そのため、転職を必ず成功させるなどの意志力も重要になります。
派遣社員になるのであれば、残業が少ない所を選び、キャリアアップのための資格取得や、勉強時間にあてるなど、メリハリをつけた上で働くのも大切です。
派遣は時給の高い仕事もありますが、その仕事だけで稼いでいくのは困難な道なのです。

ボーナスがない会社は月収が高い!ただし非正規雇は支給されないのが一般的なので要注意!

大手企業や公務員はボーナスが出るのが普通ですが、中小企業ではボーナス自体がない場合も多く、出ても寸志程度と言う場合もあります。
業績の影響も大きいため、企業の安定性を見ることや、場合によっては転職を視野に入れるのも方法です。
派遣などの非正規雇用はボーナスも昇給も無いのが普通のため、その点も注意が必要です。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆