ボーナスとして支給される金額の違い【夏・冬】 | 新卒就活.com

2015/12/16更新

ボーナスとして支給される金額の違い【夏・冬】

ボーナスで支給される金額はいくらぐらいでしょうか?
社会人にとってボーナスが支給されることは働いているうえで一番の喜びですが、一般的に一体どれくらいの金額が支給されているか気になりますよね。
企業によって支給される金額は大きく異なりますが、今回はそんな社会人のボーナス事情を紹介したいと思います。

夏に支給されるボーナスの金額は?

money-case-163495_960_720
夏のボーナスで支給された金額はどのくらいなのでしょうか?
民間企業の一般的な金額は基本給×2か月分が相場となっているため、上場企業ともなれば平均の金額は約70万円と言われています。
それ以上の大企業ともあれば6カ月分も支給されるところもあるようで、会社規模や職種、業績によって変化するようです。

●全体的にボーナスの平均支給金額が上がっている傾向がある

公務員の夏のボーナスも上場企業の平均金額と同等と言われています。
これは毎年人事院勧告によって支給額が決められていますが、景気回復の影響もあって2014年から支給金額が増額の傾向にあります。
全ての社会人が言えることではありませんが、全体的に平均支給金額が上がっていることは、来年以降も支給される金額が増額となることに大きく期待ができます。

冬に支給されるボーナスの金額は?

冬のボーナスでは支給される金額の相場が夏よりも多くなっており、概ね2.5か月分と言われています。
そのため勤続年数が長い人や役職を貰っている社会人であれば、冬のボーナスだけで100万円以上を受け取る人も少なくありません。
公務員も同様で、平均金額は75万以上とも言われており、民間企業よりも多く貰えているのが現状です。

●公務員と金融業界のボーナスは別格!100万円以上の場合も

公務員のボーナスは非常に多くの金額が支給されていますが、金融業の仕事に就いている人はさらに多くのボーナスを受け取っています。
冬のボーナスは夏よりも多く貰えることは前述しましたが、その支給額は簡単に100万円以上を超えてきます。
しかし勤務環境的に厳しくコンプライアンスの順守など難しい仕事であるため、それ相応の金額であると感じます。

中小企業のボーナスの金額はいくら?

これまでは大企業や公務員に限って話を進めましたが、中層企業のボーナス事情はどうなっているのでしょう?
企業によってはボーナスの支給がないところもありますが、夏と冬を合わせて最大3カ月分といったところもあれば、1か月分ずつ支給するといったところが多いようです。
基本給に依存しているため勤続年数や実績で大きく変わりますが、大企業と比べれば少し寂しい金額になります。

●大企業でもボーナス支給額が少ない場合も!

家電大手メーカーであっても、不祥事や事業撤退を行った企業に関しては、その年のボーナスが出るか出ないかの瀬戸際となります。
ボーナスは元々支給する義務がありませんが、それでもボーナスを支給しなければ人材流出などの悪影響も懸念されます。
しかし支給できたとしても1か月分であったりと、中小企業以上に寂しい金額となる可能性もあり、業績によって左右さやすい特徴があります。

民間企業のボーナスの支給金額は業績によって左右されやすい!

ボーナスの金額は企業規模が大きくなれば支給額も自然と大きくなりますが、中小企業でも大きく支給するところはあります。またボーナスは個人の成績や評価によって金額が変わってきますので、結局のところ自分自身次第のところもあります。ボーナスを意識せずとも普段からしっかりと働くことで、会社がその頑張りを認めてくれれば、ボーナスの金額も自ずとアップしているはずです。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆