ボーナスなしの会社を選ぶ際の注意点とメリット | 新卒就活.com

2016/08/04更新

ボーナスなしの会社を選ぶ際の注意点とメリット

ボーナスなしの会社を選ぶ際の注意点とメリットをご紹介します。
冬と言えばボーナスの時期ということで、多くの人が懐が暖かくなるものです。
けれども中には、ボーナスなしという人も決して少なくないものです。
どのような会社がボーナスが出ないのか、またそれによってメリットが生じることがあるのかを挙げてみます。

ボーナスなしの会社を選ぶ際の注意点1,業績悪化の場合も

dandelion-729693_960_720
ボーナスとは、労働基準法で賃金と定められるものですが、決して労働の対価として支給を義務付けられてはいないものです。
それでも支給する理由は、利益を還元するためと、社員の士気を高めることがあります。
特別に報奨金として支給することで、さらなる働きを期待するわけです。

ボーナスは会社が得た利益から還付されるものなので、その利益がなければボーナスなしということもあります。
実際に中小企業で業績が厳しいところでは、支給したくてもできないボーナスなしの状態である場合がある。
そのために、ボーナスなしの会社では社員には理解を求めるケースも多くあります。
その上で、業績が回復した際には支給することを約束したりします。

ボーナスなしの会社を選ぶ際の注意点2,みなし残業

あえてボーナスなしとする会社の見込むメリットは安定した収入の提供ですが、課題もあります。
そこには残業代を含む場合もあります。そのために、残業を行うことが恒常化する恐れもあるわけです。
その結果業務効率が低下する可能性も持ち合わせることになるわけです。

●高い月給の背景にはボーナスだけでなくみなし残業も含まれている可能性もある!

ボーナスなしをあえて選ぶ会社にも、メリットとデメリットがあることになります。
社員にとってどちらが得なのかは意見が分かれるところです。モチベーションの高さを維持するボーナスありを選ぶのもありです。
けれどもボーナスなしの場合は業績に左右される可能性もあります。
安定した収入を与えるボーナスなしの会社は、時として業務効率に影響を与える課題も併せ持つことになります。

ボーナスなしの会社を選ぶメリットは安定した月給を受け取れること

業績が厳しい中小企業は、ボーナスを支給したくてもできないものです。
けれども中にはあえてボーナスなしという方針を取る会社もあります。
そこには当然ながら理由がありますし、メリットを考慮してのことであるものです。それを理解した上で社員も業務に取り組むことになります。

●ボーナスなしの会社はある程度の月給の支給が約束されている

あえてボーナスなしにするために、月給をそれなりに多くしているものです。
そのメリットとしては、月給はある程度支給が約束されているということです。
ボーナスは業績に左右されますし、場合によっては支給されないこともあります。そのために、社員にとっては安定した収入を確保できることになります。

ボーナスなしの理由は業績悪化だけではなく元の月給が高く定められている場合もある

ボーナスなしとなるケースには、業績の悪化もあれば、あえてそのような形態を取るものがあります。
いずれにしても、それなりの業績がなければ収入を増やすことができないことを理解することが大切です。
社員それぞれがその点を把握して業務に取り組む必要がたるわけです。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆