ボーナスの使い道で困らないための3ポイント | 新卒就活.com

2015/12/08更新

ボーナスの使い道で困らないための3ポイント

大きな金額が振り込まれるから期待が膨らむ半面、どこまで使うかなどで意見が割れるのがボーナスの使い道です。
貰ったことがない人も貰ったこともある人も、他の人がどういう風に使っているのかも気になります。そこで、ボーナスの使い道についてのアンケート結果をご紹介します。

ボーナスの使い道1,圧倒的に多いのは貯金

money-1038723_640

ボーナスの使い道のアンケートは様々な経済紙などで発表されていましたが、どんな媒体であっても1位に来るのは貯金でした。
これはほとんどの人が予想できたかと思います。あくまで貯金をメインにし、他の金額でちょっとした贅沢などをすると言う人も多く、ボーナスの使い道も堅実であることがわかります。

続いて目立つのが生活に関する費用で、いつもと変わらないことも重要視されているのがわかります。
そして次に多いのが、ローンの返済になり、約3割の人が何らかのローンを返済していることになります。
近年ではショッピングのボーナス払いも増えてきましたが、車やマイホームのローンをボーナスで返す人は多いのです。

ボーナスの使い道2,投資も増加傾向

ボーナスの使い道で最も多いのが貯金で、6割強の人がボーナスの一部、または全額を貯金している形になります。
次に多いのが生活費で、こちらが3割強です。複数回答可能なアンケートが多いためこれだけでほぼ100%になる形となりますが、次に多いのが以外にも投資なのです。
投資と言っても様々な形があります。最近は外貨取引や株式投資も一般的になっていることもポイントと言えます。また、投資と言っても不動産投資なども含まれており、マンションに投資して、家賃収入を得ると言うスタイルも増えてきています。
老後の年金に不安があるからこそ、ボーナスの使い道も積極的にお金を増やして安定した収入につなげる人が多いのです。

ボーナスの使い道3,旅行や贅沢は2割程度

ボーナスの使い道で旅行や贅沢品の購入を選ぶ人はそれぞれ2割程度になります。
面白いのが旅行の数字で、夏は約25%が旅行を選んだのに対し、冬は20%以下とかなりの差がある事です。冬に旅行先で過ごすと言う人は少ないのがわかります。旅行の次は趣味に使う人が多く、家電や家具の購入、教育費に使う人と続いていきます。
親へのプレゼントなどを選ぶ人は、全体の7%前後で、新入社員などはプレゼントを用意するケースが多いようです。

気になるボーナスの使い道は、将来に備えた貯金や投資が大半な事がわかりました。ローンの返済や生活費の工面など、切実な声もおおく、豪遊するのではなく、あくまでその時に使うのは一部と言う意識が浸透しているようです。

ボーナスの使い道3ポイントまとめ

ボーナスの使い道は人それぞれですが、やはりどう使うのかは気になるものです。
アンケートの調査を見ると、そのほとんどの人が貯金など将来への備えに使っていることがわかりました。旅行や贅沢品に使うと言う人は少数派なのです。
ただし、夏のボーナスを旅費にあてる人は4人に1人程度とレジャーを楽しむ人が多いのも特徴です。