ボーナスの手取りを簡単に計算する方法 | 新卒就活.com

2015/12/18更新

ボーナスの手取りを簡単に計算する方法

ボーナスの手取りを計算する方法をご紹介します。
国というのは何から収入を得ているのでしょうか。それは何を隠そう私達からです。
会社員になると天引きという形で有無を言わさず徴税されているのです。月給はもちろん、ボーナスも同様です。特にボーナスはいくら取られるものなのでしょうか?以下でみてきましょう。

ボーナスの手取りを計算する方法1,天引きされる税金

gahag-0035766924-1
ボーナスの手取り額を計算するには色々な手順を踏むことになります。
まずこの「手取り」というものについて説明しましょう。
会社員の給料は天引きされるのですが、その天引きされた後の実際に受け取る給料額のことを手取り額と言うのです。
そして天引きされるものの内容というのは社会保険料と税金です。
社会保険料の主な内訳は、厚生年金保険と健康保険、それから雇用保険となります(40歳以降には介護保険料もかかります)。

●ボーナスから天引きされるのは社会保険料+税金

税金の内訳は所得税と住民税になりますが、ボーナスの場合には住民税はかかりません。
これはお得という話ではなく、住民税は別途毎月月給から天引きされているだけです。
計算の順序としては社会保険料を算定してから所得税率を算定する、というものになります。
まずは社会保険料を定めてしまいましょう。

ボーナスの手取りを計算する方法2,社会保険料の算出

社会保険料というのは全国一律という訳ではありません。
厚生年金保険料と雇用保険はほぼ一律と言っても良いのですが、健康保険料は事情が異なります。
実は健康保険というのは会社によって入る健康保険協会が異なるのです。
今回は一般的な健康保険協会である「全国健康保険協会(通称「協会けんぽ」)」の健康保険料率を見ていきましょう。

●会社が加盟している健康保険教会を把握しよう!

協会けんぽの健康保険料率というのも複雑で、都道府県ごとに異なるのです。
といってもそこまで変わるわけではありません。
東京の健康保険料率は9.97%となっており、会社員は折半するのでその半分の4.985%となります。
厚生年金保険料は17.828%の折半で8.912%、雇用保険も会社員の一般職なら0.5%だけの負担となります。
全部足し合わせると4.985%+8.912%+0.5%=14.397%となります。
ボーナス額を40万円として計算した場合、社会保険料は40万円*14.397%=57588円となるのです。
(ちなみに、この例では関係ありませんが、ボーナスは1000円以下を切り捨てて計算します)
40万円-57588円=342412円が残りました。
手取り額を求めるにはあと一歩です。
その手取り額の計算に必要なのがこの金額なのです。

ボーナスの手取りを計算する方法3,所得税の算出

この社会保険料を引いたボーナス額342412円に所得税率をかけることで、所得税を計算することができます。
では所得税率はどのように調べるのでしょうか。
これは多少ややこしい話になります。

●ボーナスの所得税を調べるのに前月の給料額が必要!

まず、所得税率のベースとなるものは「前月の給料から社会保険料を引いた額」となります。
ボーナスの所得税を調べるのに前月の給料額が必要になるのです。
ここでは20万円としておきましょう。

●所得税率には扶養家族の人数も影響する

いざ所得税率を調べるときには国税庁が公表している「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」を用います。
この表には20万円の他に扶養親族の人数も関係してきますが、取り合えず独身の場合を考えましょう。
そうすると所得税率は4.084%ということが分かります(平成26年度分の表による)。

所得税は342412円*4.084%=約14000円と計算できます。
この所得税額と先の社会保険料を合わせれば手取りが分かりそうですね。
手取りについて整理しましょう。

ボーナスの手取りは社会保険料と所得税を算出してから計算する必要がある

今回のケースは整理すると、独身で前月の社会保険料を引いた給料が20万円で、ボーナスが40万円支給される人です。
この場合の社会保険料は57588円で、その残りは342412円となります。
また、所得税は14000円なので、342412円-14000円=328412円が残ります。
この328412円が手取りとなります。

ボーナスの計算というのは確かに多少ややこしい面もありますが、複雑な計算はありません。
手順さえ踏んでいけば簡単に求めることができるのです。