ボーナスの査定期間と評価されるポイント | 新卒就活.com

2015/12/16更新

ボーナスの査定期間と評価されるポイント

ボーナスの査定がなにを基準にどのように行われているのか、社会人なら気になって当然ですよね。
また、サラリーマンの年2回の楽しみであるボーナスの金額はどの位になるのかも知りたいもの。
会社の業績に応じて支給されるものですが、もちろん個人差があります。ボーナスの査定について知っておくことも大切です。

ボーナスの査定期間は半年

chicago-690364_960_720

通常ボーナスは夏と冬の2回に分けて支給されることになりますが、その査定がなされるのは支給前の半年です。
例えば夏のボーナスの査定期間は10月から3月といった形になります。通常の給料の査定は業績評価と能力評価、そして行動評価となりますが、ボーナスの場合には業績評価の割合が高くなります。

●ボーナスは企業への貢献度を査定して公平に配分するもの

ボーナスとは、会社の業績と利益に応じて支給されるものとなります。
毎月の給料では確定した利益を前もって配分することができないので、その分をボーナスとして振り分けることになります。
そのために、個人ごとに貢献度を査定して公平に配分するものとなります。
また、責務が重い立場であるほどに、業績評価の割合が高くなる傾向があります。

ボーナスの査定方法とは

多くの会社では何かしらの査定を行うものですが、公平性を保つための工夫は会社によって考えられることになります。
多くの場合は個人で目標を立てた上で、達成具合の報告を受けた上で面談を行うケースですが、中には従業員の責務とは関係ない環境変化により業績をあげることができない場合もあります。

●成績だけでなく期待度をボーナスに込める場合もある!

ボーナスの査定は通常、すでに出した成績を基に行われるものですが、中には期待度を込める場合もあります。
ボーナスは従業員のモチベーションを高める効果もあるので、前もって今後の業績を期待して査定に上乗せすることになるわけです。
中小企業に多く見られるケースとなります。

ボーナスの査定ポイント

ボーナスの査定は会社の業績に対して、個人がどれほど貢献しているのかを相対的に判断するものとなります。
そしてそれを開示しながら面談するところも増えています。これは単に成績を発表するだけではなく、これからの目標設定を決めさせる役目もあります。そして向上心があるのか否かも判断して、査定に加えることになります。

●次回の目標設定もボーナスの査定評価の一部とされる

ボーナスの目的は単に利益の還元だけではなく、これからさらに多くの利益を出すためのモチベーションを高める役割も持つものです。
そのために、面談を行って次のボーナス査定の基となる目標設定も行うことになります。
その時にどの程度の目標を掲げるのかも、査定評価の一部となります。

ボーナスの査定期間は半年!次回の目標設定も評価の対象になる!!

このように、多くの会社ではボーナスの査定には個人の成績を考慮することになります。
業績に対しての貢献度を評価するわけですが、事前に立てた目標に対しての達成度を重視するところもあります。
そして査定に応じて利益配分を行うことになります。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆