ボーナスの計算方法で気をつけるポイント【民間企業と公務員】 | 新卒就活.com

2015/12/16更新

ボーナスの計算方法で気をつけるポイント【民間企業と公務員】

ボーナスの計算方法で気をつけるべきポイントを民間企業と公務員別にご紹介します。
基本的にボーナスの支給回数は、夏時期と冬時期の年2回というのが一般的です。
しかし、公務員と民間企業ではボーナスの目的も計算方法も異なります。
それでは、公務員と一般企業のボーナス計算方法をそれぞれ見ていきましょう。

公務員のボーナス計算方法と注意点

wallet-1010601_960_720
民間企業のボーナスの場合、その年の景気や為替、業績などといった外的要因によって、計算方法も変わるところもありますが、公務員の場合は公務員法に則って計算されるため、基本的な考え方は毎年同じです。
それでは具体的に、公務員のボーナスはどのように計算されているのでしょうか。

●役職や勤務態度も査定内に含まれ加算される!

公務員のボーナスは基礎給与の6ヶ月在籍分を100%として計算し、夏のボーナスは約1.2倍、冬のボーナスは1.4倍としています。
基本的なボーナスの計算方法はこのようになりますが、役職などによって加算分が生じ、勤務態度なども査定の中に含まれます。
このように、公務員のボーナスは外的要因によって影響を受けるわけではないため、非常に安定していると言えます。

民間企業のボーナス計算方法と注意点

前述の通り、公務員の場合は公務員法に則った計算方法でボーナスが支給されているため、外的要因などによって影響を受けることはまずありませんが、一般企業のボーナスの場合、その年の業績に応じて計算されるのが一般的です。

●個人成績の評価点や勤務態度の査定も計算方法の中に組み込まれている

多くの一般企業の場合、ボーナスは基本給の約2倍程度を年に2回に分けて支給されています。
しかし、これはあくまで目安であり、実際には個々の企業によって計算方法が異なっていたり、勤務成績の評価点や勤務態度の査定なども計算方法の中に組み込まれている場合もあります。
そのボーナスの計算方法ですが、基本給×2~2.5ヶ月を年2回くらいに分けてもらう、という会社が多いというデータがあります。
また、企業によってはボーナス自体がなく、月給に含んでいるところや年俸をたとえば16で割って4か月分をボーナスとして支給している会社もあります。

ボーナスの計算方法では税金に注意!

ボーナスというのはあくまで給与の一部です。
つまり、毎月受け取る給与とボーナスを足した額が年収というわけです。
よって、ボーナスにも税金がかかってきます。では、ボーナスとして会社から支給されたお金の税金はどのようにかかってくるのでしょうか。

●ボーナスは給料の一部なので税金がかかってくる!

例という事で健康保険料と厚生年金保険料で見ていきましょう。
まず、ボーナスの金額に健康保険料、厚生年金保険料の率をかけて計算されます。
ただし、この率というのは、会社負担分と個人負担分が合わさったものなので、この率をかけて2分の1にした金額が、ボーナスから徴収されています。
その他、雇用保険料や源泉所得税もボーナスに関わってくる税金なので、計算方法には注意が必要になります。

ボーナスの計算方法で注意すべきポイントは控除される税金の種類!

このように、ボーナスの計算方法は公務員と一般企業では異なり、税金の種類によっても算出が違ってきます。
支給されたボーナスをただ受け取る方のほうが大半ですが、自分の知識を習得するためにも、一度は自分で計算してボーナスの仕組みを理解されることをおすすめします。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆