ボーナスは何ヶ月分かを考える時のポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

ボーナスは何ヶ月分かを考える時のポイント

ボーナスは何ヶ月分支給されるのが一般的なのでしょうか。
新卒の中には何を基準に仕事を選べば良いか迷っている人も多いでしょう。
会社を選ぶ基準のひとつに報酬があります。自分に合った仕事も大事ですが、収入がなければ生活できません。
では仕事におけるボーナスが何ヶ月支給されるのか見ていきましょう。

ボーナスの支給額は企業規模によって違う

coin-1080535_960_720
何ヶ月のボーナスが支給されるかを調べるときは国の資料を当たって見ましょう。
厚生労働省の「賃金引上げ等の実態に関する調査」における統計表にボーナス額の支給実態が掲載されています。
平成25年度版の資料によると、企業規模によって金額が異なることが分かります。一体何ヶ月分のボーナスが支給されるのでしょうか。
以下にその一例を掲載します。

●企業規模5000人以上:支給率96.5%、冬季賞与平均支給額715034円、月給換算2.29倍
●企業規模300人以下 :支給率86.9%、冬季賞与平均支給額418531円、月給換算1.64倍

この5000人以上を大企業、300人以下を中小企業と読み替えれば良いでしょう。
ボーナスの額は約30万円ほど開きがあり、月給換算にしても0.7倍ほどの差があります。

ボーナスの平均支給額を見るときの注意点1,回答率に注目!

他の資料を当たって見ましょう。
ある民間企業の調査によると、全産業の2012年冬のボーナスの平均支給額は約36万円とのことです。
一体なぜこのような違いが生まれるのでしょうか。
先の「賃金引上げ等の実態に関する調査」のサンプルについて調べましょう。
「調査の概要」という項目によると「平成25年調査の回答企業は2096社で、有効回答率は59.4%であった」とあります。
約4割の会社が回答を拒否しているということです。

●ボーナスの平均支給額は統計上に問題がある

こうした社員の賃金を公表することで何かの影響を懸念したのでしょう。
逆に言えばボーナスの支払い状況がまずい企業は回答を避けると言えます。
ボーナスが月給の何ヶ月分払われるのかということは就職先選びにとって重要な事です。
もし希望の企業があるのであれば、何ヶ月分払われるのか尋ねると正確な金額を知ることができるでしょう。

ボーナスの平均支給額を見るときの注意点2,企業数に注目!

また、先の厚生労働省の資料を検討しましょう。
サンプルの回答数は59.4%ですが、その企業数2096社というのは妥当なのでしょうか。
一体日本にはどれくらいの企業があるのでしょう。
経済産業省の2015年度の統計によると日本の企業数は総数で421万社あるようです。
では2096社の割合と言うのは全体のどれくらいになるのでしょうか。
2096/421万=約0.05%となります。
こうなると資料の妥当性には疑いを持つ他ありません。

●日本の企業数すべてから回答を得るのは不可能!正確な数値は分からない

ですが大企業に対して中小企業がより少ないボーナスであることはどのような統計でも算出されるものです。
では中小企業の割合というのは全体のどれくらいなのでしょう。
全体421万社中、中小企業は419.8万社となっています。
その割合は99.7%です。

ボーナスが何ヶ月分支払われるのかは中小企業の統計を参考に考えるのが良い!

ボーナスが何ヶ月分支払われるか、という疑問には中小企業の統計を回答として考えるのが妥当でしょう。
中小企業の場合、何ヶ月かというと厚生労働省の算出した1.64倍以下、つまり1.5程度と考えて見ましょう。
すると年2回の場合、約3倍となります。
もちろん厚生労働省の統計には疑問が残るのでもっと悪い倍率となるでしょう。