ボーナスは何月?民間と公務員の違い | 新卒就活.com

2016/08/04更新

ボーナスは何月?民間と公務員の違い

働いている人にとってボーナスは何よりも嬉しいものですが、支給されるのは何月が一般的なのでしょうか?
これは各企業によって何月に支給日は概ね決まっています。ほとんどの場合、どの企業でも同じ時期に支給されるものとなっています。
ボーナスはいつ支給されるのが一般的なのかをまとめてみました。

民間企業は何月に支給されるのか?

calendar-660670_960_720
大企業であっても民間企業であっても、ボーナスが支給される月は概ね統一されています。
一般的なボーナス支給が行われるのが何月になるのかといえば、夏は7月頃になり冬は12月頃となります。
それぞれ夏と冬のボーナスとも言われており、その直前にはマスコミなどから平均支給額も発表されるため、心待ちにしている人も多くいるでしょう。

●ボーナス査定期間は夏は10〜3月・冬は4〜9月

ボーナスは査定期間内の評価に基づいて支給されるもので、夏のボーナスは10〜3月、冬のボーナスは4〜9月に働いた人を対象として支給されます。
一定の評価基準に基づいて支給額が決定され、それぞれ当該の月日にボーナスが従業員へ支給されます。
長く勤めることを考えればあまり気にすることもありませんが、何月のボーナスがいつのものなのかを把握しておくと損はないでしょう。

公務員は何月にボーナス支給されるのか?

公務員の場合は法律や条例によって決められているため、夏のボーナスは6月30日に支給されて、冬は12月10日に支給されるのが定例となっています。
国家公務員であればこと通りとなりますが、一部の地方公務員はこれよりも遅れて支給されることがあるようです。
どの地方自治体でも国家公務員の支給日に合わせて支給するようにしているため、大きなずれはそうないようです。

●国会の承認でボーナスの有無が決定される!

公務員のボーナスは、国会でボーナスの支給に関する議題が上がり、承認されれば支給されるようになっています。
但し法律で支給が決まっているため貰えることに変わりありませんが、話し合われているのはボーナスの支給額となっています。自然災害による復興資金の捻出やその他の支出などとバランスを見ながらボーナス支給額が決定されるようになっており、場合によっては大きく減ることもあります。

ボーナスが2回以上ある企業

中小企業や特にベンチャー企業に多いのが、ボーナスが2回以上支給される制度を整えていることです。この場合、夏と冬以外にも、春と秋にもボーナスの支給があることになり、具体的に何月に支給されるのかといえば、3・6・9・12月の4半期ごととなります。

●一般的な月に支給しない企業もある

ボーナスは臨時に支給されるものであるため、何月に支給しても問題がなく、決算などの関係によっては10月に支給するところもあったりと様々となっています。
またボーナスが1回のみ支給する企業もあり、多くは期末となる3月などの決算日に応じた支給日を設定していることもあるようです。
何月に支給されるかは一般的には夏と冬ですが、そういった例外もあることは確認しておきましょう。

ボーナスが何月に支給されるかというと夏の7月と冬の12月が一般的!

ボーナスの支給月は何月になるかは会社によってそれぞれですが、一般的には夏の7月と冬の12月が一般的な流れとなります。
それ以上の回数を支給月に設定している企業もあれば、期末に合わせて設定している企業もあります。いずれにしてもボーナスの支給が近づけば社内で動きがあるため、社会人にとって楽しみな行事となることは間違いありません。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆