ボーナスは平均何ヶ月分?民間企業の支給額 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

ボーナスは平均何ヶ月分?民間企業の支給額

ボーナスは平均何ヶ月で支給されるのかご紹介します。
毎年夏と冬になるとボーナスの平均支給額がマスコミから発表されますが、具体的には何ヶ月分の金額が支給されているのでしょうか?
働いている社会人にとっては気になるニュースの一つだと思いますが、今回は民間企業のボーナス支給額についてみていきましょう。

大企業のボーナスは平均何ヶ月?

cigarettes-621346_960_720
ボーナスの支給額には、基本給×何ヶ月という計算方法が一般的となっています。
その他に目標達成もしくは業績と連動したボーナスが支給されるシステムもありますが、大企業のボーナスは何ヶ月が支給されているのでしょうか?
その平均は1回のボーナスで基本給の2.5ヶ月分が支給されているといわれています。

●景気や業績によってボーナスの支給額は変動する!

大企業に関しては、業績によってボーナス支給額が変動されやすいという傾向にあります。
また社会的にも影響を大きく影響を与える存在であるため、リコールなどの問題が発生した場合には責任を問われ、大きな痛手を負うことになります。
そういったことから最近では前述のような目標達成などに応じた特殊な評価制度を敷いている企業も多くなっています。

中小企業のボーナスは平均何ヶ月?

日本企業の99.7%が中小企業であるといわれており、この内40%ほどがボーナス支給が無いといわれています。
それでもボーナス支給がある企業もあり、その平均は基本給の1~1.5ヶ月分となっています。
多くの人が貰えていない現状を踏まえれば、少しでも貰えている状況に感謝をするべきでしょう。

●ベンチャー企業のボーナスは成果次第!

中小企業にはベンチャー企業が多く、そのため営業成績が良いほど、もしくは会社の業績向上に大きく貢献すれば、それがボーナス支給額に反映されます。
この場合は基本給に対して何ヶ月という計算方法ではなく、規定に基づいた金額が算出されるようになっています。
一般的なボーナス支給に加えて、さらに加算されることもあるため、ベンチャー企業では個々人の頑張りでより多くを貰える可能性があります。

新卒社員のボーナスは平均何ヶ月?

新卒社員に関しては、入社1年目はボーナスの支給がない場合が多い傾向があります。
特に夏はボーナスの査定期間に勤務していないことから、ボーナス支給はありません。
しかし企業によっては寸志程度の金額を支給するところもあり、本格的なボーナスとして受け取ることができるのは早くとも冬のボーナスからとなります。

●基本給1ヵ月分のボーナスで金額は約20万円ほど

入社1年目の新卒社員は冬からボーナス支給が始まります。
その平均の支給額は基本給の1ヶ月分と言われており、大卒の平均の給料が20万円前後であるため、ボーナス支給額としては約20万円となるようです。
もちろん大企業となれば1.5ヶ月分が支給されたりすることもあるため、新卒社員は少なからず冬のボーナスには期待してもよさそうです。

1回のボーナス平均は基本給の約2ヶ月分ほど!企業の規模に関わらず支給額は景気や業績に変動する

企業の大小にかかわらず、1回のボーナスの平均は基本給の約2ヶ月分ほどとなっており、この程度を支給されれば十分といえます。
ボーナスは景気や業績によって支給額が変動しますが、従業員の勤務態度や頑張りを評価するところもあるため、もっと多くを貰っている人もいるでしょう。
一概にどれほどの金額を貰えるとは断言ができないため、平均を知ることで貰えてるのか貰えていないかを把握できればと思います。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆