ボーナス払いを利用できる期間と注意点 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

ボーナス払いを利用できる期間と注意点

ボーナスが支給された場合には高額商品などの購入が可能となるためお店でもボーナス商戦などが繰り広げられます。
しかしボーナス商戦前に欲しいものがある場合や、今購入しないともう手に入らない可能性がある場合、ボーナス払いを使用すると便利に買い物が可能となります。

ボーナス払いを利用するメリット

money-256319_960_720
ボーナス払いとはボーナスが支給されることを見込んでカード会社などが支払いを先送りにしてくれる便利なサービスで、基本的には夏のボーナス払いの期間と冬のボーナス払いの期間の2回利用が可能となります。
そのためその期間内に商品を購入した場合、まだボーナスが支給されていない場合でも商品は購入でき、支払いは決められた日時まで先送りをすることが可能となります。

●欲しいときに購入出来て支払いは先送りできる!

そのためボーナス払いを利用した場合には、今すぐ商品だけ貰うことができるため、欲しいときに欲しいものを代金先送りで購入できる非常に便利な支払い方法だと言えます。
その場合の金利手数料も、ボーナス払い一括であれば無料のため、無駄な利息の支払いも必要が無いと言えます。

ボーナス払いを利用できる期間は?

ボーナス払いを利用する場合にはいつでも利用が出来ると言うわけではなく、夏と冬のボーナス払い期間中のみの利用となります。
そのためそれ以外の期間にはボーナス払いの利用が出来ないため、利用できる期間を正しく把握しておかないとボーナス払いが利用できないことになります。
まず夏のボーナス払い期間はほとんどのカード会社が12月16日~6月15日に設定をしており支払いは8月になっています。
そのためその期間内であれば支払いは最長で7ヶ月以上も先送りできますので、とても長い期間支払いをずらすことが出来ると言えます。

●夏のボーナス払い期間は12月16日~6月15日・冬は7月16日~11月15日

冬の場合は7月16日~11月15日が期間となり、支払いや翌年の1月に設定されています。設定期間を見てみると、夏に購入して冬に支払い、逆に冬に購入して夏に支払いも可能なため、上手に利用すれば冬のボーナスを使用せず次の夏まで支払い延長といった使い方も可能となります。

ボーナス払いを利用する際の注意点

ボーナス払いを使用する場合にはその期間に注意をすることも必要ですが、ボーナス払いが使用できない利用不可期間にも注意をする必要があります。
利用不可期間は6月16日~7月15日の間と11月16日~12月15日の間の約2ヶ月が利用不可期間となるため、ボーナス払いの期間を正しく知っておかなければボーナス払いで購入しようとしたのに利用不可期間だったということも起こり得るトラブルと言えます。

●利用不可期間は6月16日~7月15日の間と11月16日~12月15日の間の約2ヶ月

それとボーナス払いの利用はあくまでもボーナスが出るという前提のもと成り立つものですので、もしボーナス払いを利用していたのにボーナスが出なかった場合には、支払いが出来ずに遅延や延滞が起きる可能性もゼロではないと言えます。そのためもしものときに備えておく必要もありますし、あまりにも高額すぎるものはボーナス一括ではなくボーナスニ括払いを利用してリスクを分散させるということも必要になると言えます。基本的にボーナス払いを利用する場合でも、ボーナスが出ると過信せず、もし出なかったときの事を考えた備えは必要となるでしょう。

ボーナス払いは期間内であれば支払いを最長で7ヶ月以上も先送りすることが可能!

ボーナス払いは期間を正しく認識して使用することはもちろん重要だと言えますが、ボーナスが出るという思い込みで使うと言うのは非常にリスクが高いと言えます。そのため使う場合には支払いが出来るかどうかを自分自身で判断して、備えをしながら使用することが重要なポイントと言えるでしょう。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆