ボーナス払いを賢く利用するためのポイント | 新卒就活.com

2015/12/16更新

ボーナス払いを賢く利用するためのポイント

ボーナス払いを賢く活用するためのポイントをご紹介します。
社会人としてとして働き始めると、ボーナスの支給がある会社も多いと思います。
そのボーナスを上手に使用するためにクレジットカード等にはボーナス払いという特別な支払い方法があり、それを活用することで欲しい商品を無駄な支払いなく手に入れることが可能となります。

ボーナス払いとはどのような支払い方法か?

american-express-89024_960_720
一般的に高額商品を購入する場合、クレジットでの分割か通常ローンでの分割払いを選択する人が多いと思います。
しかしこの分割での支払いを選択した場合、そこには必ず分割手数料が発生し、その分割回数が多ければ多いほど手数料の支払い金額も増えることになります。
そのため10万円の商品を購入してもその金額に手数料がプラスされ、商品金額以上の支払いが必要になるわけです。

ボーナス払いは手数料が発生せず最大で約7ヶ月先まで支払いを先送りに出来る!

ボーナス払いの場合は分割とは違い、基本的に手数料が発生しない上に最大で約7ヶ月先まで支払いを先送りに出来ますから、そう考えた場合には非常に便利な支払い方法だと言えます。
ただしこのボーナス払いにはボーナス一括とボーナス二活の2種類があるため、その違いもしっかりと理解しておく必要があると言えます。

ボーナス払いの一括とニ活の違いとは?

ボーナス払いを利用する場合にボーナス一括払いとボーナスニ活払いの2通りのボーナス払いを選択することが出来ます。
この2つの違いは金利が発生するかどうかが大きな違いといえ、ボーナス払いで一括を選択した場合には金利手数料は無料で利用でき、最大で7ヶ月程度先まで支払いを先延ばしに出来ます。

●二活払いは金利手数料が発生するので注意!

二活払いに関しては夏と冬のボーナス2回を利用して返済を行なう方法で、この場合には金利手数料が発生することになります。
発生する手数料は3%程度が多く、購入金額に対し3%の金利手数料分の上乗せした金額の支払いが必要となります。
とはいえ通常の分割を利用するよりも大幅に金利手数料は少ないですし、一回での支払いが難しいと考えた場合にはボーナス払いを二活払いにするほうが無理なく支払いが出来ると言えますので、そこは自分の判断で上手に利用すると良いでしょう。

ボーナス無しでもボーナス払いは利用可能!

ボーナス払いを利用する場合、ボーナスが無ければ使用できないと考えている人が多いと思いますが、実はボーナス払いはボーナスが無くても利用できる支払い方法となります。
そのためボーナスが無い人でもボーナス払いは問題なく使用できますし、返済月が一般的にボーナスが出た後であることと、一括・二活での支払いとなることが通常の分割との違いとなります。
それなら分割でも問題ないと思うかもしれませんが、例えば7回分割した場合と、7ヶ月後にボーナス払いで支払いを行なうのとでは、実際に支払う金額に大きな差が生まれます。

●分割払いは金利が非常に高い!ボーナス払いでまとめて支払った方がお得!

分割の場合は金利が非常に高く、2回までの分割であれば金利手数料は無料ですが、3回を超えると8〜18%程度の金利手数料が必要となるため、7回分割した場合と7ヶ月後にボーナス払いで支払うのとでは負担の度合いが全く異なることになります。
二活でも3%程度の金利ですので、圧倒的にボーナス払いのほうが返済に無駄が無いと言えます。
そのためボーナスが無い場合には毎月分割したつもりでお金を貯めておき、ボーナス払い月に一括返済、もしくは二活返済をしたほうが、同じ支払いをするにしても無駄を大幅に減らすことになるでしょう。

ボーナス払いは分割払いと違って最大で約7ヶ月先まで支払いを先送りできる!

ボーナス払いは上手に利用すれば分割よりも無駄がなく、なおかつ大幅に支払いを先延ばしに出来る優れた支払い方法だと言えます。
ボーナスが無くても利用は可能ですので、上手に活用して支払いの無駄を省くのが賢いボーナス払いの使い方だと言えます。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆