ボーナス支給額の決め方【一般企業編】 | 新卒就活.com

2015/12/16更新

ボーナス支給額の決め方【一般企業編】

ボーナスは、殆どの人が貰えるかどうかを一番気にするものですが、支給する額をどうやって決めるのか疑問に思う人もいます。
同期であっても自分より多く貰っているのではないかと思う人がいる場合、その会社では以下の様な決め方をしている可能性があります。

ボーナスの総額から算出!!

money-603336_960_720

企業では個人のボーナスの額を決める前に、まずは会社として社員にどれくらいボーナスを支払えるかという総額を決める必要があります。
殆どんの会社は向こう半年、或いは一年の業績の予測を立てて、どれくらいの収益が上がるかを見込む「予算編成」を行っています。
その中でボーナスの総額を決めてから、社員一人当たりへの割り振りを決めることになるのです。

利益が見込めない場合はボーナスの額も低くなる

最近の日本はまだまだ中小企業が儲かっているとはいえない状況です。
予算編成を行った際に利益が見込めないと予測されれば、ボーナスの総支給額も減ることになります。
あくまでその金額の範囲内でやりくりをしなければならないので、人によってボーナスの額に差が出ることもあるのです。

ボーナスは個人の業績に応じて支給される!!

予め決められた金額の範囲内で個人へのボーナスの額を決めるには、評価制度を用いるのが一般的です。
企業は優秀な人にはそれなりの報酬を与えてさらに成果を出して貰おうと考えます。
個人の業績に応じてボーナスを分けると、基本給は同じでも額に差が出てしまうことになります。
どれだけ会社に貢献しているかでボーナス全体からのさじ加減が決まるのです。

ボーナス支給のためには、業績に貢献することが一番

評価の制度としては主に「業績」「能力」「行動」という項目があります。
「業績」は会社の売り上げに直接貢献する様な成果を上げることができた場合に高くなります。
「能力」はそもそも持っているスキルやノウハウであり、どれだけ会社にとって必要な人材であるかという証明になります。
「行動」は目標を達成する為のプロセスを評価されることになります。

ボーナス支給額を上げるには目標達成に対する評価を受けること

外資系ではボーナスの額を決める際に、日頃の勤務内容に対する評価だけではなく、目標を設定してそれに対する評価を持ちいることがあります。
ボーナスを支給する条件として、決められた査定期間に評価を受けることになります。
日本では一般的にボーナスは夏と冬に支給されますので、評価が年に2回となっているところが多くなります。

ボーナス支給のためには上司との関係が大切

目標達成に対する評価を受ける際には、上司と面談をする必要があります。
最初の目標設定のレベルが高いほど達成時に評価も高くなることから、自分の能力を良く考えた上で設定することが大切です。
上司の評価次第でボーナスの額が決まるだけに、目標達成までのプロセスに関して適切なアドバイスが受けられるなどのコミュニケーションも重要となるのです。

ボーナス支給額の決め方まとめ

ボーナスの額は、会社でボーナス分として寄り分けられた範囲内で社員に分配するものです。
会社の業績が悪い場合には少ない予算の中で社員に対して優先順位がつけられることになります。
その年に大きく業績に貢献した社員がいた場合、自分のボーナスの額が多少減るかもしれないという覚悟が必須となります。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆