ボーナス日の違い【公務員と民間企業】 | 新卒就活.com

2015/12/16更新

ボーナス日の違い【公務員と民間企業】

ボーナス日が近づくと何となく世間が賑やかになります。
販売・サービス業ではボーナス日が近づくとボーナス商戦を繰り広げる様になります。
ボーナス日はどこの企業でも同じという訳ではありません。何となくズレていると感じる公務員と民間企業のボーナス日の違いについて紹介します。

ボーナス日は公務員は決まっている

thai-baht-547725_960_720

公務員のボーナスは、基本的に記付手当と勤勉手当というものを合わせた額になっています。
ボーナス支給に関しては国家公務員は法律により、地方公務員は条例により定められているので、確実に支給されることになります。
従って公務員はボーナスが貰えることも、ボーナス日も最初から決まっているのです。

●公務員のボーナス日夏は6月30日・冬は12月10日と決まっている

公務員のボーナス日は、「夏は6月30日」「冬は12月10日」と決まっています。
国家公務員のボーナス日は条例に定められていて、地方公務員は国家公務員のボーナス日に準じるという形をとっています。
その為にボーナス日に関しては「公務員」というひとくくりで同じになっているのです。

民間企業のボーナス日は決算日次第

民間企業のボーナス日は、公務員のボーナス日より遅いところが多くなります。
これは民間企業の場合、上半期・下半期での経営状態を把握する必要があります。
バランスシートを作成する上で、6月末や年末に銀行残高を多く残しておきたいことから、ギリギリまでボーナス日を遅らせる企業もあるのです。
特に夏のボーナスは殆どの企業で6月末決算をする為に、ボーナス日は7月以降となっています。

●民間企業のボーナス日は夏は7月10日頃・冬は12月中

民間企業のボーナス日は「夏は7月10日頃」「冬は12月中」と非常に幅広くなっています。
特に冬のボーナスは公務員と違って12月10日にきちんと支給される訳ではなく、その年の業績によっても支給日が変わることもあるのです。
12月の第一週目にでることもあれば12月の25日に給与と一緒に支給されることもあります。

年中ボーナス日が不規則なところもある

中小企業やベンチャー企業などでは、ボーナス日がいつになるかギリギリまで分からないというところもあります。
経営状態が悪い場合には、ボーナス日が「年末までに出せるかどうか分からない」というところもあり、逆に業績が著しく良かった企業では、年に2回と言わず3回ボーナス日があった、というケースもあります。
業績次第でボーナスの支給が決まる企業では、ボーナスが支給されるはずの月になってやっとボーナス日が発表されることもあるのです。

●ボーナス日が年明け以降になるケースも

中小企業のボーナス日に関しては、年末に銀行に資金を残しておきたい為に年明けになることもあります。
本来ならば年越しをする費用としてのボーナスなのですが、会社の経営状態によってはやむを得ないのです。
社員にとしては全く貰えないよりもマシだと思うべきでしょう。

ボーナス日は公務員も民間企業に合わせる傾向がある!

ボーナス日は、公務員と民間企業では違いがありますが、世間一般では民間企業に合わせる傾向があります。
ボーナス商戦は夏は6月〜7月、冬は12月〜1月に幅広く開催されているので、民間企業に勤めていても焦る必要はありません。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆