ボーナス無しの会社の特徴とメリット  | 新卒就活.com

2015/12/16更新

ボーナス無しの会社の特徴とメリット 

ボーナス無しの会社にはどのような特徴があるのでしょうか?
ボーナスとは従業員に対して臨時で支払われるもので、そもそもが支給義務はありません。
そのため中にはボーナス無しの会社もあります。一見デメリットしかないように感じるボーナス無しの会社にもメリットがあります。
以下で見ていきましょう。

ボーナス無しの会社が増えている?

coins-1015125_960_720
ボーナス無しであれば従業員から不満の声が多く上がりそうですが、法律でもボーナスの支給は会社判断となることが明記されているため問題ありません。ボーナス無しの原因としては過去の業績が悪化していることにあり、主に中小企業に多くなっている現実があります。景気に左右されやすく、生き残るために必死であるため、支給できたとしても少額となってしまいます。

●企業の規模に限らず財政面が苦しければボーナス無しの場合も

大企業だからボーナスが安定的に支払われるというわけでもなく、やはり企業の財政面が苦しければその時はボーナス無しとなることもあります。
特に販売した商品が不具合や不祥事を起こしたり、事業撤退などを繰り返して黒字転換が難しいような状況であれば、従業員に対してボーナスを支給する余裕もなくなります。
そうならないためにも、普段から一層の努力で一人一人が働くべきであるといえます。

ボーナス無しの会社の特徴

元々ボーナス無しの会社であれば、月々の給料が比較的高く設定されていることもあります。
半期ごとに支給するボーナスを月給に上乗せしている状態ですが、同様な条件として年俸制度を採用している会社もあります。
年俸は1年に支給する額が決まっており、12等分したものを毎月支給していますが、これも既にボーナス分が上乗せされている状態です。

●ボーナス金額と見込みの残業代が含まれている年俸制度には注意!

月々の給料が高ければ十分と感じる人がいるかもしれませんが、ボーナス無しならまだしも、残業代も支給されない可能性もあります。
年俸制度の場合は既にボーナス金額と見込みの残業代を計算して年俸を算出しており、一般的にはそれ以上の金額は支給されないようになっています。
しかし業績が良ければ期末手当などの還元がありますが、そのために遅くまで仕事をして見込み分以上の残業をすることは起きやすくなっています。

ボーナス無しの会社のメリット

ボーナス無しと聞けばブラック企業だという声が飛び交いそうですが、ボーナス無しの会社にはそれ相応のメリットがあります。
ボーナスや残業代が無ければ就業時間内で業務を終わらせよう、という意識の元で生産効率が上がることがあります。
製造関連の仕事や終業時間などに厳しいところであれば、より一層こういった制度を敷いている会社といえます。

●就業時間内で業務を終わらせようとする意識が強い!

斜陽産業や業績が長年悪い結果になっている会社などが、特にボーナス無しとなっている状態が多いです。
やはりどの企業でも従業員へのご褒美としてボーナスが支給されており、そのご褒美が無ければ従業員の士気も下がる一方です。
そうなれば作業能率や意識の低下によって負のスパイラルに陥って、なかなか抜け出せないという会社も多く存在しています。

ボーナス無しの会社は月給が高く終業時間に厳しい傾向がある!

月給が他の企業と比べて多いという事例もあるため、ボーナス無しによって会社の良し悪しは一概には図れません。
しかしボーナス無しの会社の多くは景気の変動に左右されている面もあり、そのため業績が回復すればボーナスの支給が見込める場合もあります。
就職したけどボーナスが無しならと諦めるのは早計です。
行う事業に惹かれて就職したなど、様々な理由があるはずなので、その将来性などをしっかりと見極めましょう。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆