マネジメント適性検査の内容と対策法について | 新卒就活.com

2016/09/15更新

マネジメント適性検査の内容と対策法について

マネジメント適性検査では、ビジネスにおける資源や資産・リスクなどを管理し、経営上の効果を最適化しようとする能力。
つまり、管理職や役員に求められる管理能力、業務を遂行する上でかかってくるストレス耐性など、マネジメントに関する能力・性格を詳細に調査・分析をし、最も適した職務を与えようとするものです。

マネジメント適性検査の目的とは??

whiteboard-849810_640

マネジメント適性検査の目的は、その人にどれだけマネジメント能力が備わっているのかを判断し、適材適所に人員を配置します。
つまり、ビジネス上における様々な資源や資産・リスクなどを管理し、経営上の効果を最適化しようとする能力を見極めるためのツールと言えます。

~ビジネスに必要な管理能力や経営を効率化させる能力を見極めるためのツール~

例えば、志望先の企業や部署では高いマネジメント能力が求められているのに、この後成長できる可能性が無いと判断された場合、不採用になる可能性もあります。
しかし、これは、その人が志望先に合っていないということを、事前に知らせることで入社せずに済み、企業にもその人にも双方のためになります。

マネジメント適性検査で判断できることとは?

いくつかの企業がマネジメント適性検査を提供していますが、一般的には、マネジメント適性検査において、「知的能力」・「パーソナリティ」・「ストレス耐性」を判断できます。

~知的能力・パーソナリティ・ストレス耐性を判断する~

これらの結果から総合的に適性の有無を判定し、その結果不採用になる可能性もあります。
またその逆の可能性もあります。
例えば、面接で大失敗しても、マネジメント適性検査で、潜在能力の高さから採用に転じる場合も考えられます。

マネジメント適性検査の解き方について

マネジメント適性検査では多くの問題(100問以上)が質問されますが、それらの内容を全て考えずに直感で解答しましょう。
内容にこだわりすぎると時間オーバーとなったり、適性が無いと判断されてしまいます。
一般的には、1問につき10秒程度の時間と考えてください。内容を読んだら必ず直感で判断し、答えましょう。

~1問につき10秒程度で答えること!~

マネジメント適性検査を用いれば、その人の管理能力を判断できます。
管理能力とは、自己管理能力にとどまらず、たとえばチームリーダーとして計画通りにプロジェクトを進める能力など、企業とって必要なマネジメント能力の有無が判断できるのです。
企業が求める能力とその人個人の持っているマネジメント能力がマッチするかどうか、明確に判定できます。

マネジメント適性検査の対策について

前述したように、面接で大失敗し、自己アピールできなかったような場合でも、企業によってはマネジメント適性検査の結果次第では、そのポテンシャルに期待して、採用されることもあります。
それだけマネジメント能力の有無は、企業にとって重要なことなのです。

~日々の行動計画立て遂行する習慣をつけること!~

マネジメント能力は訓練次第で高めることが可能です。
日々セルフマネジメント=行動計画を立て、本心からスムーズに計画を遂行することで、マネジメント能力を高めましょう。

マネジメント適性検査対策で重要なのは日頃の行動指針を立て実行すること!

マネジメント適性検査が志望先の会社で行われるかもしれません。
それに備え、予め検査の内容を知っておきましょう。
仮に、マネジメント適性検査は実施されなくても、日頃からセルフマネジメント=行動計画を立てて行動することで、マネジメント能力を高めておきましょう。
マネジメント能力は、業界や職務内容を問わず必要とされます。採用時、入社後ともに大きな武器になります。今のうちから鍛えておいて損はありません。