リクルートスーツに合わせるコートの選び方 | 新卒就活.com

2015/11/13更新

リクルートスーツに合わせるコートの選び方

就職活動の際、冬はコートを着たいですよね。
特に最近の日本の冬は寒いですから、いくらリクルート中だったとしてもコートを着ないと風邪をひいてしまうでしょう。
ですが、その際のコートをどんなものを選べばよいのでしょうか。
ここではリクルートスーツに合わせるコートの選び方を紹介します。

リクルートスーツに合わせるコートの選び方1,ステンカラーかトレンチが定番

store-984393_640
まず、リクルートスーツに合わせるコートの選び方ですが、リクルートで使うということは下にスーツを着るということですから、トレンチコートかステンカラーコートにしておきましょう。
チェスターコートもビジネスに使うには問題ないのですが、スーツと同じような襟のコートは避けた方が良いので、リクルートスーツに合わせるコートは、やはりステンカラーコートかトレンチコートが適切です。

●飾りやデザインのあるものは避ける!シンプルなデザインが一番

当たり前と言えば当たり前なのですが、飾りやデザインのついたものは避けるのが無難です。
それがあるとカジュアル感が一気にでてしまい、リクルートとして不適切になってしまうのです。
ですから、飾りやデザインのあるものを避けて、シンプルなものを選ぶようにしてください。

リクルートスーツに合わせるコートの選び方2,色はスーツと近しい暗い色で

リクルートスーツに合わせるコートは、暗い色のものを選ぶのが適切です。基本的に選択肢はスーツと同じくらいの色幅だと思っていれば問題ないでしょう。
黒、あるいは暗いネイビー、あるいは暗いグレーといったところです。
あまり暗いグレーのステンカラーやトレンチを見ることがないので、黒かグレーになるでしょう。
ただし上記は男性の場合で、これが女性ともなるとその限りではありません。女性の場合はベージュもアリです。

●かならず単色のモノを選ぶこと!多色使いのコートはNG!

色使いは、必ず単色のものを選んでみてください。
バイカラーなどの多色使いのコートは、それだけで一気にカジュアル感がまし、リクルートでの使用が不適切になってしまうのです。
黒にしてもネイビーにしても、いずれにせよ単色使いのコートを選ぶようにするというのは徹底していってください。

リクルートスーツに合わせるコートの選び方3,スーツが隠れる丈のものを

ステンカラーコートやトレンチコートであっても、丈が短いものはたくさんあります。
しかし、そういう丈が短いコートというのは、基本的にはカジュアルな用途の為に作られたものです。
ですから、就職活動時にはそういうものは選ばないように注意してください。
基本的にリクルートスーツに合わせるコートの丈は、長いものでないとなりません。では、どのくらいの丈があればよいでしょうか。

●スーツの裾がコートの下から出ないような丈がベスト!

それは、スーツの裾がコートの下から出ないような丈です。
スーツの丈にもよりますが、お尻が隠れるくらいでしょうか。
コートの下からスーツが出るというのは、カジュアル、ビジネス以前に見栄えが悪いので避けた方が良いでしょう。
必ず丈感はチェックしてコートを選ぶようにしてください。

リクルートスーツに合わせるコートは色と丈の長さに注意!

以上、リクルートスーツに合わせるコートのご紹介でした。

●ステンカラーかトレンチ
●色はスーツと近しい暗い色が無難
●スーツが隠れる丈のもの

リクルートスーツに合わせるコートは、会社に入る前には脱ぎますから、なんでもいいと思う方もいるかもしれませんが、意外と目に入るものです。
ですから、必ずこれらの選び方のルールを参考に選んでいってください。