リクルート用の靴の適切な選び方について | 新卒就活.com

2016/09/05更新

リクルート用の靴の適切な選び方について

リクルートに適切な靴選びのポイントについてご紹介します。
就活生の皆さんがリクルートスタイルと聞いて、真っ先に思い浮かぶのはスーツだと思います。
スーツも大変重要ですが、カバンやネクタイや靴と言った目立たないと思われがちなアイテムにも気を使う必要があります。

リクルート用の靴の選び方1,必ず紐がある靴を選ぶようにする

shoes-573974_640
リクルート時の靴選びのポイントとしてまず最初に紹介できるのは、必ず紐付きの靴を選ぶようにするということです。
紐がついていない靴はパーティー色の強いドレスシューズであったり、カジュアル色の強いシューズとなり、すごく印象が軽い感じになります。

~靴に紐があると見た目も機能的にも良い~

印象面で大きな差が生じてしまうというだけでなく、紐の無い靴をたくさん歩くリクルート時に使用していると、足がどんどん辛くなってくるということもあります。
紐がついていればそのときどきの足の状態に応じて緩めたりして、すごく楽に履きこなすことができるようになりますよね。
だからこそ、リクルート時の靴選びでは、紐が付いているものを選ぶというのが重要になるのです。

リクルート用の靴の選び方2,内羽根のデザイン

紐が付いている革靴にも2つのパターンがあります。

1つは靴の紐を通すところの下の方が開いているタイプで、2つ目は、紐を通すところが靴にしっかり縫い付けられているタイプです。

~外羽根タイプはカジュアル感が強いので避けるべし!~

紐を通すところが開いているタイプは外羽根と呼ばれるタイプの靴になり、リクルートには向かないとされています。
そういうタイプの靴はすごくカジュアル色が強く見えるもので、せっかくの紐付きの利点を一つ失ってしまうこととなるのです。
ですからそうならないように、リクルート時にはきちんと内羽根と呼ばれる、紐を通すところがきちんと靴に縫い付けられているタイプの靴を選ぶようにしてください。

リクルート用の靴の選び方3,ストレートチップ

また、リクルートでの靴選びには、デザイン性というのも非常に重要になってきます。
結論から述べると、リクルートで使用する靴で選ぶべきは、「ストレートチップ」と呼ばれる靴の、足の甲のあたりに、横に一本の線が入るタイプの靴になります。

~Uチップやプレーントゥはよりもストレートチップが優勢!~

昔からストレートチップは王道のビジネスシューズとして扱われているので、リクルート時にはこれを選べばまず失敗はありません。
Uチップだと今どきすぎる印象でちょっと軽い感じにうつってしまうこともありますし、プレーントゥはあまり洗練されていないので頼りない感じがするでしょう。
ストレートチップには欠点が見当たらないので、ストレートチップを選ぶようにすると良いのです。

リクルートにオススメの靴はストレートチップ!内羽根タイプのものを選ぼう!

リクルート時には、靴が与える印象というのはすごく大きいものとなります。
就活という短い時間の出会いでは見た目の印象でいろいろと判断しなければならないことも多くなります。

ですから、その少ない時間で見た目からなるべくたくさんの情報をえようと、目に入るところからたくさん情報をえようとしてきます。
そのため靴は非常に見られるところで、意外に差が付きやすい重要なところでもあるのです。

それを知らずに適当に靴を選んでいたり、これらの靴選びのポイント知らずに選んでいたりしたら、大変損をしてしまいます。
損をしないでよい印象を与えるために、リクルート時には正しい靴選びをしていきましょう。