リクルートスーツで好印象を与える着こなし方とは | 新卒就活.com

2016/09/05更新

リクルートスーツで好印象を与える着こなし方とは

リクルートスーツで好印象を与える着こなし方についてご紹介します。
リクルートスーツは就活生にとって必須のアイテムです。
身だしなみの1つであるリクルートスーツをキチンと着こなしていないと、第一印象も悪くなってしまうおそれがあります。
正しいリクルートスーツの着こなしを知って就活を勝ち抜きましょう!

リクルートスーツも身だしなみの1つ

tie-349439_640
就職活動におけるリクルートスーツはその人の印象を決める大きな要素となるため、リクルートスーツ選びとその着こなしには非常に注意が必要だと言えます。
着こなし一つで見た目の印象はガラリと変わりますし、リクルートスーツの着こなしが悪い場合、見た目の印象も最悪のものとなります。

~リクルートスーツの着こなし方で第一印象は左右される~

その為まずは自分に合ったリクルートスーツ選びをきちんと行えるかどうかが、その後の就職活動が上手くいくかどうかを決めてしまうといっても良いでしょう。
好印象になるリクルートスーツとはどのようなものか、基本となる着こなしがどのようなものかをまずは知る必要があります。

リクルートスーツの着こなし方はサイズが重要

リクルートスーツの着こなしで最も重要となるのは、なんといってもリクルートスーツのサイズが適切かどうかということです。
これは男性にも女性にも言えることで、サイズが合っていないリクルートスーツはどのような着こなしをしても、決して良い着こなしにはならないと言えます。

~見た目でけでなく動きやすさも重要!必ず試着してから購入すること~

リクルートスーツ選びで失敗する場合、サイズが大きすぎてだらしなく見える場合と、逆に見た目はシャープな着こなしに見えるけれど実際には動きづらいというサイズが小さすぎる場合のどちらかに分類されます。
そのため必ず試着をして見た目だけではなく動きやすさなどもチェックしましょう。

リクルートスーツ適性サイズはどれくらい?

リクルートスーツの着こなしで、サイズが合っていないのは見た目にも非常に不格好となりますので、企業に出向いた際にもあまり良い印象には映らないと言えます。

【男性の場合】
・上着はお尻の3分の2が隠れる程度の長さが適正です。
・ズボンに関しては踝が出ない程度の長さが適正ですので、それより長い場合にはだらしなく見えますので注意が必要です。

【女性の場合】
・上着は長さよりも肩幅でサイズを選ぶのが基本となり、肩幅がジャストサイズであれば着た時のサイズもほぼジャストサイズとなるでしょう。
・女性の場合はスカートとパンツスーツの2通りがあります。
スカートの場合は膝上くらいの長さがベストだと言えます。
パンツスーツの場合は踝くらいの丈が最も綺麗に見えリクルートスーツの着こなしとしては好印象に見えるサイズと言えます。

リクルートスーツの種類にも注意すること!

リクルートスーツの着こなしでサイズが重要だと言いましたが、色や形にも注意しないとフレッシュな印象を与えるリクルートスーツが逆に威圧感を与えてしまう場合もあります。
色に関しては濃紺か黒が基本となりますので、他の色は避けたほうが良いでしょう。

【男性の場合】ダブルのスーツはNGとなりますので、3つボタンのシングルが基本となります。

【女性の場合】ジャケットのボタンは2つか3つのものが印象が良いですのであまりボタンの多いものは避けたほうが良いと言えます。
着こなしは中のブラウスやワイシャツもサイズが合っていることが大前提ですので、リクルートスーツはジャストサイズなのにワイシャツやブラウスがきつそうに見える、逆に袖が長すぎで不格好に見えるという状態は避ける必要があるでしょう。

リクルートスーツの着こなし方はサイズが重要!動きやすさもポイント

いかがだったでしょうか?
リクルートスーツは自分の一部です。
自分を売り込む就活にとって第一印象を決める見た目はとても重要です。
リクルートスーツは必ず試着してジャストサイズ物もを選ぶこと、男性、女性ごとの種類にも気を付けることが着こなし方にも繋がる選び方のポイントでもあります。
慎重に選んで、自分に合ったリクルートスーツを選びましょう!
そして自分の体にジャストフィットするリクルートスーツを着こなして、面接での印象アップを目指しましょう。