リクルートスーツで濃紺を選択するメリットとは | 新卒就活.com

2015/11/18更新

リクルートスーツで濃紺を選択するメリットとは

リクルートスーツで濃紺を選択するメリットについてお教えします。
就活の必須アイテムであるリクルートスーツですが、リクルートスーツの色を選ぶのは非常に難題だと言えます。
基本的な色はある程度決まっているとはいえ、濃紺のリクルートスーツのメリットを黒と比べてどうかを考えてみましょう。

リクルートスーツで濃紺を選ぶメリット1,年配からの受けが良い

man-916494_640
近年の傾向ではリクルートスーツの主流は黒が非常に多くなっており、濃紺のリクルートスーツを選ぶ人が少なくなっていると言えます。
そのためどうしても、濃紺のリクルートスーツで本当に大丈夫なのかと言う不安も出てくると思います.
実はビジネスシーンに置いては濃紺のスーツが最もオーソドックスだと言え、黒のスーツは逆にふさわしくないと言われています。

~黒のスーツは冠婚葬祭用という認識でいる年配の社員もいるため多少のリスクがある~

これは黒のスーツ=冠婚葬祭用という認識がビジネスシーンでは基本のためで、年配の会社員の中には黒のリクルートスーツを着て就活する就活生をあまり良い印象で見ていない場合があります。
もちろん黒のスーツ=冠婚葬祭用と言うのは一種の思い込みだと言えますし、ビジネスシーンでも黒のスーツが少しずつ増えてきています。
しかし濃紺のリクルートスーツのほうが年配の会社員へのウケが良いのは間違いないですし、黒よりも濃紺のほうが印象が良くなることも多々あります。

リクルートスーツで濃紺を選ぶメリット2,新卒らしい清々しい印象を与えられる

濃紺のリクルートスーツを着用した場合の相手に与える印象は、黒のリクルートスーツに比べ柔和な印象を与えることが出来ると言えます。
黒のリクルートスーツの場合、締まった印象になるというメリットがあるのですが、逆にきついイメージ、重い印象を与えてしまう場合も多いと言えます。
意外にも、黒のリクルートスーツは着こなしが非常に難しいリクルートスーツだと言えます。

~濃紺は若々しさや清潔感を与える効果がある!~

しかし濃紺のリクルートスーツの場合、黒とは違う柔らかさがあるため、きつい印象や重い印象を与えないメリットがあります。
しかも柔らかい印象を与える反面、紺という色味は若々しさや清潔感を与える効果もあるため、新卒らしい清々しい印象を付与することも出来ると言えます。

リクルートスーツで濃紺を選ぶメリット3,就職後も継続して着用できる

濃紺のリクルートスーツの場合、就職した場合にそのままそのリクルートスーツを継続して利用できると言うメリットもあります。
もちろん黒のリクルートスーツでもそのまま継続利用できないわけではありませんが、やはり黒のリクルートスーツは就活用という印象と冠婚葬祭という印象が強くなってしまうため、長く使用できるスーツとはなり得ないと言えます。

~ビジネスにおけるスーツは濃紺が基本!買い替える必要性がなくなる~

しかし濃紺の場合、就活後のビジネスシーンでも十分活躍できる色味だと言えます。
ビジネスでのスーツは濃紺が基本と言われていますから、全く違和感なくそのまま着用することが可能となります。
そのためリクルートスーツを選ぶ時点で、最初から濃紺のビジネススーツを選択すると言うのも良い手段化と言えますよね。
ビジネススーツの場合はリクルートスーツよりも高額ではありますが、就職後にわざわざ新しいスーツを買い替える必要がないため、無駄な費用を抑えることも出来ると言えます。

リクルートスーツで濃紺を選択するメリットは就職後も充分に活用できること!

濃紺のリクルートスーツには様々なメリットがあります。
一般的にリクルートスーツは黒というイメージも強いですが、本来なら黒いスーツとは冠婚葬祭用として着るべきものだったのです。
ビジネスシーンでの利用まで考えた場合、むしろ黒よりも濃紺のほうが適切であるともいえます。
そのため、就活だけでなく先々のことを考え濃紺をチョイスするのも賢いリクルートスーツ選びだと言えるでしょう。