リクルートスーツとバッグの失敗しない選び方 | 新卒就活.com

2016/09/15更新

リクルートスーツとバッグの失敗しない選び方

リクルートスーツとバッグの失敗しない選び方をお教えします。
就活においてリクルートスーツとバッグは就活生の必需品と言えます。
ではリクルートスーツやバッグはどのようなものが最も就活に向いており、どういったものが就活に不向きなのでしょうか。
リクルートスーツとバッグ選びのポイントを考えてみましょう。

リクルートスーツやバッグの選び方1,就活で使用するのみと割り切る

1024-cc-library010005975

就活で使用するためのリクルートスーツやバッグですが、その選び方はある程度決まっていると言えます。
まず考えなければいけないのが、就活で使用するリクルートスーツやバッグは、就活のためだけに使用するというほうが良いと言うことです。

~就職してたら慎重する人が大半!節約のためにも高額なものは控えるべし~

基本的にほとんどの人が内定が決まり就職出来た時点で新たにスーツや通勤バッグを購入すると言われています。
中には就活で使用したスーツやバッグをそのまま使用する人もいますが、やはり気分一新新しいスーツやバッグで出社と言う人が大半を占めるといえます。その為、就活で使用するリクルートスーツやバッグは就活でのみ使用するものだと割り切って購入したほうが良いと言えます。
無駄に高額なスーツやバッグを購入するのは、結果的にお金の無駄遣いとなる場合が多いと言うことも頭に入れてく必要があるでしょう。

リクルートスーツやバッグの選び方2,自分の好みは反映しないこと

就活でしようするためのリクルートスーツやバッグを選ぶ場合、やってはいけないのが自分の好みをスーツやバッグに反映してしまうことです。
リクルートスーツやバッグに求められるのはあくまでも見た目の清潔感や使用する際の機能性ですので、そこにファッションセンスや色、形の好みは一切必要ないと言えます。

~リクルートスーツは黒や濃紺が基本・バッグは黒の革製でA4サイズの書類が入るもの~

そのためバッグの場合は黒の革製でA4サイズの書類が入るもの、リクルートスーツに関しては黒や濃紺のスタンダードなものが基本だと言えます。
スーツやバッグで目立とうしてもそれは企業へのアピールには一切なりません。
そういった外見を派手に彩っての就活は、社会人になるという意識に欠けていると判断される可能性が極めて高くなるといえます。

選んではいけない!NGなバッグとは?

リクルートスーツやバッグ選びでは、絶対に使用してはいけないものがあります。
スーツに関しては色に注意してリクルートスーツして販売されているものを選べば失敗は無いと言えますが、バッグに関しては選択ミスをする場合が多いと言えます。
絶対に選択してはいけないバッグがリュックサック式のバッグで、中にたくさんものが入るから便利という機能は、就活では大きなマイナス要素となります。

~リュックサック式のバッグ・黒以外の色やキャラクターものはNG!~

実際に自分で考えてみれば分かると思ますが、企業訪問にリュックを背負った就活生が来た場合、担当者はどのような印象を受けるでしょうか。
明らかに場違いな格好ですし、スーツにリュックを背負っての訪問ほど失礼なことはありません。
その為リュックは絶対に選択してはいけないバッグと言えます。
キャラクター物や黒以外のバッグは見た目の印象が悪くなりますし、女性の場合は手提げかばん程度の大きさのものも書類が入りませんから避ける必要があるといえます。

リクルートスーツとバッグの選び方で重要なのは見た目の清潔感と機能性!

以上、リクルートスーツとバッグの失敗しない選び方についてご紹介しました。
就活で使用するリクルートスーツやバッグに個性や好みは必要ないと言えます。
個性をアピールしたければそれは内面をアピールすれば済む話ですので、リクルートスーツやバッグのチョイスは基本に忠実に、就活生らしいものを選ぶとよいでしょう。