リクルートスーツにおける女性のパンツに関する基礎知識 | 新卒就活.com

2015/11/06更新

リクルートスーツにおける女性のパンツに関する基礎知識

リクルートスーツにおける女性のパンツ着用の基礎知識についてご紹介します。
女性が就活を行う際には、基本となるリクルートスーツといえばジャケットとスカートが一般的だと言えます。
しかし中にはパンツスーツというジャケットとパンツスタイルのものもありますので、それを着用するのも選択肢の一つと言えます。

リクルートスーツでのスカートとパンツの印象の違いとは??

key-692199_640

女性のリクルートスーツにはスカートとパンツが存在しており、これは男性にはない選択肢だと言えます。
もちろんそれぞれに着用した場合の印象が大きく異なります。
どういった違いがあるのかをしっかりと把握しておく必要がありますし、自分自身を企業にどう見せたいかでパンツを選ぶかスカートを選ぶかを考えるのも良いのではないでしょうか。

~パンツは仕事の出来る活発的な女性のイメージを与える~

リクルートスーツがスカートの場合、ジャケットに合わせることで女性らしさを印象付けることが出来ますので女性のリクルートスーツのチョイスとしては王道といったものだと言えるでしょう。
柔らかい印象を与えることが出来るのもスカートの特徴だと言えます。
パンツの場合、印象としてはスカートとは真逆のきちっとした印象を与えますので、企業側に与える印象も柔らかさではなく仕事の出来る女性という印象を与えることが出来ます。

リクルートスーツでの女性のパンツ着用のメリットとは?

女性のリクルートスーツでパンツスーツを選択した場合、ブラウスとの合わせ方でも大きく印象を変えることが出来ます。
基本的にパンツ=行動的といった印象を持たれやすいので、ジャケットの中に着るブラウスをスキッパータイプの前開きのものをチョイスすると、さらにアクティブ感を強く出すことが可能になります。

~控えめな性格の女性でも行動力のあるアクティブな性格を演じることができる~

本当は引っ込み思案な性格という女性がリクルートスーツでパンツを選び、更にスキッパーでまとめれば、引っ込み思案を感じさせない颯爽とした印象を与えると言うメリットがあると言えます。
中のブラウスをボタン留めのものにすれば、今度は真面目で仕事を出来る女性という印象にガラリと変わりますので、就活する企業によってブラウスとパンツを使い分けると良いのではないでしょうか。

リクルートスーツにおける女性のパンツ着用時の注意点

女性がリクルートスーツでパンツを選択する場合、注意すべき点が存在しています。
それはパンツの長さやサイズが適正かどうかということです。
スカートの場合、万人向けのリクルートスーツだと言えますので、長ささえ間違えなければそれほど問題が起きることはないと言えます。しかしパンツの場合、長さが長すぎるとだらしなく見えますし、逆に短すぎても見た目が不格好に見えるためそのバランスが非常に難しいと言えます。

~入念にパンツのサイズと長さを選ぶ必要がある!~

サイズに関しても大きすぎると全体的なバランスが悪くなりますし、スキニーの様なぴったり密着するものは椅子に座った場合に窮屈になる場合が多いと言えます。
その為リクルートスーツでパンツをチョイスする場合には、スカートよりもさらに入念にサイズと長さを選ぶ必要があると言えるでしょう。

リクルートスーツにおける女性のパンツはをアクティブな印象を与えるツール

女性のリクルートスーツでパンツを選択した場合、もちろんメリットもデメリットもあります。
そのためそれをしっかりと把握したうえでパンツをチョイスする必要があります。
しかしアクティブな印象を与えるのにはパンツは最適ですので、自分の印象を行動的に見せたければパンツを選択すると良いでしょう。