リクルートスーツの失敗しない選び方とは | 新卒就活.com

2015/11/06更新

リクルートスーツの失敗しない選び方とは

リクルートスーツの失敗しない選び方とはどのようなものなのでしょうか。
就活生にとってリクルートスーツは自分の印象を決める重要なアイテムとなります。
男性でも女性でもののリクルートスーツの選び方一つで印象自体が大きく変わってしまうことを知っておく必要があると言えます。

リクルートスーツの選び方で重要なポイント

1024-cc-library010005376
リクルートスーツの選び方で最も重要なのは、リクルートスーツで目立つ必要は全くないと言うことです。
基本的にリクルートスーツで重要なのは、きちんとスーツを着こなせているか、清潔感はあるかといったところをチェックされますので、リクルートスーツ自体で目立つ必要はないわけです。

~オーソドックスなものを選ぶのが適切~

そのため他の就活生よりも目立てば印象に残るのではないかといった考えはむしろマイナス効果となると言えます。
白や赤、青やストライプ柄といった就活に明らかに向いていないスーツの着用はそれだけで印象を最悪のものにしてしまうことになります。
確かに採用担当者への印象は強く残りますが、それは悪い印象として残ってしまうことになると言えます。
ですからリクルートスーツの選び方は、オーソドックスなものを選ぶのが最も良いといえます。

リクルートスーツの適切な選び方1,黒か濃紺が無難

では正しいリクルートスーツの選び方とはどのようなポイントを抑えれば良いのでしょうか。
就活生に求められているのはやはり新卒ということを活かした清潔感や好感度をアピールしたほうが良いと言えますので、選ぶべきスーツは男女ともに黒や濃紺のリクルートスーツが最も適していると言えます。

~黒の場合は締まってシャープに見える!濃紺は柔和な印象を与える~

黒の場合は締まってシャープに見える印象を与えますし、濃紺のものであれば黒よりも柔和な印象を与えることが出来ます。
グレーなども選択肢に入るとは思いますが、グレーの場合は淡い色のため印象が寝惚けてしまう可能性もあるので自分に似合っているかどうかをきちんと確かめてから選択すれば問題はないと言えます。
色以外にも重要なのがスーツの丈や大きさで、これが体に合ってない場合にはとても印象が悪くなる場合もあります。

リクルートスーツの適切な選び方2,丈の長さ

リクルートスーツの選び方で丈の大きさは非常に重要なポイントとなります。
特に袖丈に関しては男女でその長さの選び方が全く異なりますので注意が必要です。

男性の場合、スーツの袖丈は手首よりも少し上くらいがベストで、中のシャツの袖が1センチ〜1.5センチ程度見えるくらいが理想の長さだと言えます。
短すぎるとスーツがきつく見えますし、長すぎるとだらしなくなるのでその点にも注意しましょう。

~女性の場合男性のようにシャツの袖が見えるのはNG!!~

女性の場合は中のブラウスの袖が見えない長さが理想ですので、男性のようにシャツの袖が見えるのはNGとなります。
ズボンの丈は踝程度の長さでワンクッション程度の余裕があるのが理想の長さと言えます。
女性のスカートに関しては、長すぎると胴長に見えますし、短すぎると椅子に座った時とかに問題があると言えますので、膝上程度の長さのものをチョイスすると良いでしょう。

リクルートスーツの選び方で重要なのは自分の体に合うものを探すこと

以上リクルートスーツの失敗しない選び方についてご紹介しました。
リクルートスーツの選び方は、就活での印象を決める大きなポイントだと言えます。
そのため色や大きさ、丈などにも気を配ることを忘れないようにして、ジャストサイズのリクルートスーツを選び就活に臨むようにしましょう。