リクルートスーツの着方で気をつけるべきポイント | 新卒就活.com

2015/11/06更新

リクルートスーツの着方で気をつけるべきポイント

リクルートスーツの着方で気をつけるべきポイントについてご紹介します。
就活を行う上で企業に与える印象というものはとても大事だと言えます。
その印象を決めるのが就活で着用するリクルートスーツだと言えますし、その着方一つで与える印象もガラリと変えてしまうことになると言えるでしょう。

リクルートスーツの着方で重要なポイントとは??

suit-926510_640
リクルートスーツを着る場合、基本となる着方というものが存在しています。
リクルートスーツの着方で重要なのはいかに相手に対して誠実で清潔感あるという印象を与えるかどうかです。
社会人となった場合のスーツの着方のマナーにも繋がることになるため、リクルートスーツの着方には自己流というものは一切必要ないと言えます。

~相手に対して誠実で清潔感あるという印象を与える~

ビジネスの上ではスーツの着方のマナーが非常に重要だと言えますので、リクルートスーツの着方でもそれは同様に重要視されていると考えたほうが良いでしょう。
そのためまずは基本となる着方をマスターすることが安心して就活を送ることにも繋がりますし、就活で好印象となるためのリクルートスーツを着るために必要なことになるでしょう。

リクルートスーツの着方に関する注意点1,全身のバランスをみる

リクルートスーツの着方の基本は、まず全身のバランスを見ることから始める必要があります。
リクルートスーツの着方で重要なのはそのバランスですから、スーツ自体が大きすぎても小さすぎてもその時点で正しい着方にはなっていないと言うことになります。
これは男性にも女性にも当てはまることですので、リクルートスーツを購入する時点で失敗していれば正しい着方にはならないと言えます。
重要なのは肩幅とサイズ感で、肩幅は余裕があり過ぎるとだらしなく、余裕がなさすぎるときつ苦しく見えます。
必ず試着して動いた時にきつくなく、動いていない場合でも余裕があり過ぎないサイズのものをチョイスすると良いでしょう。

~肩幅とサイズ感・ボタンの留め方や袖の長さを再度確認すること!~

ジャケットの着方に関しては男性の場合はボタンは一番下以外は全て留めるのが正しい着方、女性の場合は全てのボタンを留めるのが正しい着方ですので、ボタンを必要以上に外しているのはだらしなく見えるのでNGとなります。
袖丈は男性の場合シャツがほんの少し見える程度、女性はシャツが隠れる長さがベストだと言えますので、購入時にきちんと袖丈も確認しましょう。

リクルートスーツの着方に関する注意点2,流行にのらないこと

リクルートスーツの着方で注意しなければいけないのは、上着だけではなく下に着用するズボンやスカートにも気を配る必要があります。
特にズボンに関しては学生の間で一時期流行した腰履きというズボンを腰まで下げて履くようなことは決してやってはいけないと言えます。
長さに関しても自分ではこのくらいが好きという長さがあるとは思いますが、リクルートスーツに関しては自分の好みではなく基本に忠実な着方が求められます。

~座ったり立ったりする動作に支障がないか確認すること~

ですから長さは踝丈程度でほんの少し余裕がある程度の長さで履くのが基本となります。
スカートに関してはミニスカートを着用するのはその時点でNGですし、ロングスカートも就活には似つかわしくないスカートとなりますので、膝が半分出る程度の長さのものを着用するのが正しい着方となります。
ズボンの場合もスカートの場合も履いてから椅子に座ることを前提に考えて、座ったり立ったりが難しくないサイズのものをチョイスしましょう。

リクルートスーツの着方で注意するべきポイントは自己主張し過ぎないこと

以上リクルートスーツの着方で気を付けるべきポイントについてご紹介しました。
リクルートスーツの着方は基本に忠実にが基本と言えます。
そのためリクルートスーツで自己主張などを考えることはせず、就活をしていることを忘れないようにすることが重要と言えます。
スーツの着こなしは社会人としての第一歩とも言えますので、マイナス印象にならないような着方に注意をしましょう。