就活のスーツにおける男女別のボタンのかけ方と印象の与え方 | 新卒就活.com

2016/06/27更新

就活のスーツにおける男女別のボタンのかけ方と印象の与え方

就活中の服装で、見落としがちなのがボタンの数やかけ方です。しっかり把握できていますか?実は、男女でボタンのかけ方は異なっており、印象も左右すると言われています。では、どのようなボタンのかけ方がいいのか、どのような印象を与えるのか男女別に見ていきましょう。

リクルートスーツのボタンの数【男性編】

funny-629675_640

リクルートスーツを選ぶ際には、ボタンも重要な要素であることをご存知でしょうか。ここでは、まず、男性のスーツに見られるボタンの数やボタンのかけ方をご紹介します。

現在は2つボタンが主流

ボタンの数で悩む人もいますが、2つ、3つのボタンであろうと選考に影響はないといわれています。しかし、昨今の主流は2つボタンなので、どうするかは、自分の好みや企業によって決めてみましょう。

2つボタンのスーツ⇒上だけかける

男性は基本的に、1番下のボタンは開けるのがマナーです。1番下のボタンはデザインとして作られています。
そのため、2つボタンのスーツは上だけかけるようにしましょう。

3つボタンのスーツ⇒1番下をあける

3つボタンのスーツも上記同様、1番下のボタンだけあける点は変わらないため、上段中段だけかけて、1番下はあけましょう。

段返り3つボタン⇒上から2つ目のみかける

最近では、3つボタンのスーツに1番上のジャケットの折り返し部分に隠れている、段返り3つボタンというスーツもあります。
この場合は特殊で、上から2つ目のボタンだけをかけます。上段・下段のボタンはつけなくていいです。

リクルートスーツのボタンの数【女性編】

cc-library010009685

では、続いて女性のスーツに見られるボタンの数とかけ方を見ていきましょう。女性のボタンのかけ方はなかなか知られていないケースが多いので、ここでマスターしておくと活用できます。

ボタンの数はいくつでもOK

ボタンの数に悩む就活生は多いですが、ボタンの数が1つであろうと2つであろうと、3つであろうと、どれでも基本的にはOKと言われています。
面接官が重視するのは、清潔感があるかどうかです。それを見極めるために、着姿を見ているのです。そのため、相手に不快感を与えない着こなしであれば、ほぼ問題はありません。

一番下のボタンもかける

女性の場合、男性とは異なり、ボタンはすべてかける必要があります。ここを混同してしまう女性もいるので、しっかりボタンはかけて面接に臨みましょう。

意外と知られていないボタンの数で決まる印象

man-814697_640

スーツを選ぶ際は、ボタンの数が多いか少ないかだけを問題視する就活生がいますが、実はボタンの数で面接官に与える印象が異なるのはご存知でしょうか?これは知られざるものです。

そのため、こういったボタンという小さな点にも注意してみるようにすると、他の就活生とひと味違ったところでアピールできます。
では、どういった印象を与えるのか下記で確認してみましょう。

男性の場合に見られる印象の変化

まずは、男性から見ていきましょう。

◆1つボタン⇒カジュアル
1つボタンは、フォーマルな用途に使用される確率が高いです。礼服として用いられるため、基本的にはリクルートには使用しない方がいいでしょう。
また、ホストなどが好むスタイルでもあるので、真面目な面接では、控えたほうが無難でしょう。

◆2つボタン⇒普通
昨今のビジネスシーンで、一番着られているのが2つボタンと言われています。面接官にとっても見慣れたスーツであるため、見た目だけではない、あなたの良さを見極めやすいともいえます。

◆3つボタン⇒クラシカル
3つボタンは、クラシカルな雰囲気で、ファッショナブルな魅力を醸し出すと言われています。以前は人気の高いスーツでしたが、おじさん臭いと言われ、人気が下がっているようです。

女性の場合に見られる印象の変化

では、続いて女性版を見てみましょう。男性と似た印象もありますが、多少異なっているので、参考にしてみてください。

◆1つボタン⇒元気はつらつ
男性同様、フォーマル衣装として使用されます。少しカジュアルなので、元気はつらつな印象を与えたい、カジュアルな服装が好まれる企業の面接に赴く際に着用するといいでしょう。
IT・アパレル企業・ベンチャー企業の面接にはおすすめです。

◆2つボタン⇒シャープな印象
2つボタンのスーツは、シャープな印象を与えます。基本的にどのような場面でも来ていけるので、スーツ選びに迷った際は2つボタンのスーツを選ぶと間違いはないでしょう。

◆3つボタン⇒真面目・誠実な印象
3つボタンのスーツは、カッチリしているので堅いイメージとなり、真面目さや誠実さがありそうな印象を与えると言われています。
そのため、公務員・金融・医療などの固い雰囲気が漂う企業を受ける際に活用しましょう。

就活スーツのボタンは男女によってかけ方が変わり数によって印象も異なるので自分にあったものを

dandelion-341464_640

スーツ選びの際に見落としがちになるボタンですが、意外にも印象を左右する要素を持っています。
男性・女性で、ボタンのかけ方が異なり、ボタンの数によっても変動してきますので、面接に行く前にしっかり予習してから行くようにしましょう。

また、ボタンの数によって面接官に与える印象が異なってきますので、企業の雰囲気なども考えた上で、ボタンの数も考えてみてください。使えるコマはしっかり使っていきましょう。

そして、男性は本来、椅子に座るときは、ボタンをはずすのがビジネスマナーですが、就活生に限っては、ボタンをはずすと“生意気”と受け取られてしまうケースがあるといわれています。
そのため、ビジネスマナーを守っているつもりが、逆に印象を悪くしてしまい兼ねません。ボタンを開けることは控えましょう。