リクルートスーツは何着あれば適切?就活の豆知識 | 新卒就活.com

2015/11/19更新

リクルートスーツは何着あれば適切?就活の豆知識

リクルートスーツは何着あれば適切?就活の豆知識をご紹介します。
就職活動を行う上でリクルートスーツは必需品と言えます。
リクルートスーツ以外で就活するのは基本的にNGです。
では何着のリクルートスーツがあれば就活を円滑に行うことが出来るのでしょうか。
以下で見ていきましょう。

リクルートスーツは何着あれば適切なのか

work-993331_640
就活を行う上でリクルートスーツを何着用意するかは悩まし問題ですが、やはり1着だけでは好ましくないと言えます。
なぜならリクルートスーツは基本的に就活中毎日のように着用するものであり、1着だけのリクルートスーツを毎日着用し続けるのは非常に困難だと言えるためです。
そのため何着あればよいかは就活の頻度にもよりますが、やはり最低2着、余裕があれば3着はリクルートスーツを用意しておく方が無難だと言えます。

~3着あれば望ましい!複数枚をローテーションで着用すること~

リクルートスーツの中には家庭の洗濯機で選択できるものもありますが、基本的にはクリーニングに出すことがほとんどです。
クリーニングに出して帰ってくるまでのサイクルを考えた場合には、3着程度が望ましい枚数だと言えるでしょう。
それ以上は無駄に何着も用意する必要はありません。
出来るだけ常に綺麗な状態のリクルートスーツを着用したければ、複数枚をローテーションで代わる代わる着用するのがスーツも傷みにくいためベストだと言えます。

リクルートスーツのズボンとシャツは多めに!

リクルートスーツの着用は暑くても寒くても必ず着用が必要です。
特に汗を吸い汚れやすいシャツとズボンに関しては1枚の上着に対し何着も用意しておくのが基本となります。
上着の傷みと比べ椅子に座ったりすることでズボンの傷みや汚れのほうがはるかに多いと言えますので、でいればリクルートスーツを購入した場合に一緒にズボンは2枚は購入しておく方が良いでしょう。

~シャツは5枚・ズボンは2枚購入しておくのが望ましい~

同じリクルートスーツを3着そろえた場合には、2枚ずつズボンを揃えると6枚のズボンになってしまうため、そこは多少減らしても大丈夫だと言えます。
しかし中に着用するシャツに関しては、毎日取り換える必要性がありますので、週5日就活を行うのであれば5枚は用意をしておきたいところです。
夏場は特に移動中に汗でシャツが濡れてしまうことも予想されますので、予備のシャツを常に忍ばせておくことも就活では必要になると言えます。

リクルートスーツ以外のアイテムの適切な数

リクルートスーツのほかにも靴やネクタイも何着か替えを用意しておく必要があると言えます。
ネクタイに関してはローテーションで回すことを考えた場合最低3本は合ったほうが良いでしょうし、靴に関しても最低2足を交互に履くほうが靴の傷みが少なく長く就活に使用できると言えます。

~常に清潔な身なりを維持することが大切~

もちろんスーツの色に合わせたネクタイや靴を用意する必要がありますし、ネクタイや靴だけピカピカでリクルートスーツはヨレヨレと言うのは本末転倒です。
必ず何着かのリクルートスーツを用意してそれに合わせたネクタイなどを選択して用意しておきましょう。
基本的に何着かのリクルートスーツを持っておかないと、就活が上手く行えないことが多いと言えますし、夏場汗臭いリクルートスーツで企業訪問を行うのはやはり心象が悪いですので、見た目が常に清潔な状態を維持することも就活では重要だと言えます。

リクルートスーツは必ず2着は用意すること!

リクルートスーツが何着必要かはひとそれぞれ違いますし、何着も準備するのは金銭的な負担も大きくなります。
ですから無理のない枚数を用意しておけば良いのではないでしょうか。
ただ企業の印象も考えながら、1枚だけで就活を行うことだけは避けるべきだと言えます。