リクルートスーツは黒が基本!失敗しない選び方とは | 新卒就活.com

2016/09/13更新

リクルートスーツは黒が基本!失敗しない選び方とは

リクルートスーツは黒が基本です。
紺やグレーなど、黒以外のリクルートスーツを羽織っている就活生もいるようです。
ですが、面接官によっては黒以外はカジュアルな感じがする印象を抱く方もいらっしゃいますから、あらゆる場面を想定した選び方が重要となってきます。

リクルートスーツの色に規定はあるのか??

tie-349439_640
就職活動に必須のアイテムといえばリクルートスーツですが、そのリクルートスーツの色で悩んでいる人も少なくは無いでしょう。
一言でリクルートスーツといっても、実際にリクルートスーツという商品があるわけではありません。

~どのようなスーツを着ても就活で使用すればリクルートスーツ!~

黒や濃紺のスーツのことをスーツ販売業者がリクルートスーツと呼んでいるだけですので、実際にはどのようなスーツでも就職活動で使用すればリクルートスーツと言えるわけです。
しかしスーツの色に関しては基本的に黒が圧倒的に多く、9割以上の就活生が黒のスーツを着ていると言われています。
そのため失敗しないリクルートスーツの色は黒を購入すれば間違いないと言えます。

黒のリクルートスーツのメリットとは??

黒のリクルートスーツを選ぶことは、周りと同じリクルートスーツの色になるため失敗することはないといえます。

それと黒のスーツの場合には身が締まって見えると言う効果もあるため、就活を行う際に凛々しく見えるという効果も期待できます。
濃紺でも問題ないと言えますが、やはり濃紺の場合柔らかいイメージに見えるため、ビシッとした姿に見せたい場合には黒いリクルートスーツを選択するほうが良いと言えます。

~黒は引き締まって見える効果がある!ただし柄が入ったものはNG!!~

では黒にストライプなどの柄が入ったものはどうなのでしょうか?
就職活動において柄やストライプの入ったスーツは見た目が軽く見えてしまいますし、企業への印象もあまり良いものとはならないので避けたほうが良いでしょう。

黒いリクルートスーツを選ぶ際の注意点

黒のリクルートスーツを選ぶ場合に注意するべポイントは2つあります。
1つ目はスーツの形はダブルではなくシングルを選択すること。
2つ目はボタンの数は2つではなく3つのものを選択するほうが就活生らしいリクルートスーツに見えます。

~リクルートスーツはシングルでボタンの数が3つのものを選ぶこと!~

ダブルの場合どうしても年相応に見えないですし、なにより就活に向いたスーツの形状ではないと言えます。
ですからダブルは例え色が黒であったとしても避けたほうがよいスーツと言えます。
ボタンの数も2つよりも3つのほうが若々しく見えます。
せっかくですから、ボタンの数にもこだわってリクルートスーツを選択するほうが良いでしょう。
それと就職後もリクルートスーツをそのまま仕事に使用できますから、先々のことも考えてリクルートスーツを購入しておくと良いでしょう。

リクルートスーツは黒一択でなく業界に応じて複数枚用意するのも良い手段

リクルートスーツを購入する場合に黒を選択するほうが失敗がないと言いましたが、自分の就職する業界によっては黒以外のリクルートスーツのほうが印象が良いと言うことも考えられます。
そのため、黒は失敗は少ないが印象が薄いことになる可能性もあるため、もし可能であれば黒と濃紺のスーツを複数用意しておくのも就活におけるテクニックだと言えます。
要するに企業によってスーツの着用を分けるわけです。
もちろん、どの業種にどのスーツが好印象になるかは分かりません。
ですが2色用意しておくことで様々なケースに対応できますので、黒一択も良いですが複数用意するのも良い方法だと言えるでしょう。