リクルートバッグの選び方【メンズ編】 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

リクルートバッグの選び方【メンズ編】

リクルートバッグの選び方【メンズ編】についてご説明します。
リクルートバックも立派な身だしなみの1つです。
スーツや髪型、メンズの場合でしたらネクタイや靴下、靴なども面接官に見られるポイントだと思います。
ここではリクルートバッグの適切な選び方をご紹介致します。

リクルートバッグも第一印象に関わる

1024-cc-library010005975
就職活動に無くてはならないものがリクルートスーツですが、それに合わせるリクルートバッグも非常に重要となってきます。
リクルートバッグの選び方一つで企業へ出向いた時の印象が決定づけられると言っても過言ではありませんし、リクルートバッグ選びを失敗したことで印象が最悪になって採用を逃したと言う例もあるくらいです。

~リクルートバックも身だしなみのうち~

そのためリクルートバッグは何でも良いと言うわけではありませんし、メンズの場合はほぼ選ぶことが出来るものは1択となると言えます。
失敗しないメンズのリクルートバッグとはどのようなものかを知った上でリクルートバッグの購入をすると失敗が無いでしょう。

メンズのリクルートバックは一択!

メンズのリクルートバッグ選びは、ほぼ選べるものが1択となると言えます。
メンズのリクルートバッグで使用できるものは黒無地のビジネスバッグだけだと言えますので、他のバッグは全て選ぶに値しないと考えて良いでしょう。

~茶色はNG!黒無地のビジネスバッグが適切!~

茶色のバッグなら大丈夫なのではと考える人もいるでしょうが、リクルートスーツとの対比を考えた場合と、茶色の場合は年配の人が使用するイメージが強いため、フレッシュさが売りの就活生には似合わないと考えたほうが良いでしょう。
黒無地のビジネスバッグであれば特に素材は問題ないですが、軽くて丈夫なリクルートバッグのほうが機動性に優れていると言えるでしょう。

買ってはいけないリクルートバッグとは?

メンズのリクルートバッグで絶対に買ってはいけないのが大きなブランドロゴが入ったようなバッグ、カラフルなバッグ、セカンドバッグのような明らかにリクルート向きではないバッグ、そしてリュックサックです。

~ブランドのロゴが入ったもの・カラフルなバッグ・リュックサックはNG!~

これらのバッグはどれもメンズのリクルートバッグとしては不適切だと言えますし、何よりそれを持って企業に行った場合に与える印象が非常に悪いものとなります。
バッグの柄次第では就活を遊び気分で行っていると勘違いされることもありますので、幾ら自分好みのバッグで合っても就活では使用しないほうが良いと言えるでしょう。

リクルートバッグの前提はA4が入るサイズ!メンズの見た目は黒無地がベスト!

メンズのリクルートバッグでは、色だけでなくその大きさも重要な要素となります。
メンズのリクルートバッグに求められるのは最低でもA4の入る大きさが必要なため、色が黒無地であってもA4が入らないものは選んではいけないバッグだと言えます。

これは企業で使用される書類の大きさはA4が基本のため、それが入らないバッグを持っていくこと自体、明らかに就活を行う状態になっていないと感じられてしまうかもしれません。
折ればA4も入ると思っているのであればそれは大きな間違いで、大事な書類は基本折ってはいけないため、その程度の知識も無いと思われることが問題なわけです。そのため必ずリクルートバッグはA4が入るサイズのものをチョイスして持っていくのが正解だと言えます。