リクルートファッションの失敗しない選び方とは | 新卒就活.com

2016/09/13更新

リクルートファッションの失敗しない選び方とは

リクルートファッションの失敗しない選び方についてご紹介します。
リクルートファッションは就活生に欠かせないスタイルです。
また第一印象にもつながる、自分のアピールポイントの一つとしてとらえておきましょう。
ですから適当に選んではいけません。リクルートファッションの失敗しない選び方をみていきましょう。

リクルートファッションの選び方のポイント

1024-cc-library010005376
就活に際して、考慮すべき事はたくさんありますが、特に注意が必要なのがリクルートファッションです。
面接での第一印象は大変重要で、服装で好印象を与える事もできますが、逆に悪い印象が残る場合もあります。

~身だしなみは第一印象を形作る!就活に相応しい服装がベスト~

どんなに素晴らしい学歴があっても、どんなに素晴らしい自己アピールができても、不適切な服装が原因で就活に失敗すると言う可能性もあります。
華美でなくとも、就活に相応しいリクルートファッションが必要です。以下が選ぶ際の大まかなポイントです。

・リクルートスタイルに相応しい色とデザイン
・就職後も使えるものを選ぶ
・自分の好みではなく、採用者から見て好印象のもの
・ジャストサイズで、自分が映えるもの

男性のリクルートファッションについて

男性のスーツの色は、最も好ましいのが黒です。
正統派のリクルートファッションと言え、失敗がありません。
黒のスーツは社会人になっても必要であり、冠婚葬祭にも使用できますので、1着は必要と考えるとこの機会に揃えれば無駄がないでしょう。
紺や濃いグレーでも良いでしょう。
シャツは白が基本と言えます。どんなネクタイも合わせやすく、やはり就活には無難な色です。
オシャレにきめたい気持ちもありますが、採用担当者によっては、生意気などと言った印象を持つ人もいるでしょう。

~スーツは黒・シャツは白・ネクタイは明るい色が好ましい~

リクルートファッションは無難なスタイルできめ、就職後に色々揃えると言うスタンスが良いでしょう。
ネクタイは様々なタイプがあり迷うところです。
積極的な姿勢を表現するには、明るい色の方が効果的です。
迷う場合は、お店の方にリクルートに相応しいものを選んでもらうと良いでしょう。
スーツも同様に第三者の目からのアドバイスをもらうのが良いでしょう。
靴やバッグも黒が基本です。どちらも相応しいシンプルなデザインのもので、就職後も使用する事を意識して選ぶと良いでしょう。

女性のリクルートファッションについて

女性のリクルートファッションも、基本的には男性と同様です。
スーツの色は黒を基本に、紺、濃いグレーが無難です。スーツのデザインは、リクルートに相応しシンプルなものを選びましょう。
シャツはやはり白が良いでしょう。基本のカッターシャツタイプのもので、着用時は襟元にルーズ感が出ないようにしっかりボタンを留めましょう。

~職種のイメージに合わせたスタイルが望ましい!ストッキングは肌色で!~

女性のリクルートファッションの場合、パンツスタイルかスカートスタイルかの選択ができます。秘書など、女性らしさが求められる職種の場合は、スカートの方が好ましいでしょう。
一方、キャリア重視の職種の場合は、パンツスタイルの方が快活さをアピールできます。働くスタイルで選ぶというのもひとつの方法です。
迷う場合は無難なスカートスタイルが良いでしょう。
その他の注意点は、足元は肌色のストッキングを用いましょう。
靴やバックは、男性同様に無難な黒で、シンプルなリクルートに相応しいデザインのものが良いでしょう。
スーツ、靴、バックの色が揃っていた方がスッキリ見えますので、やはり黒のスーツを選ぶのが最適と言えそうです。

リクルートファッションを選ぶ際には就職後も使えるものが最適!

以上のようにリクルートファッションは、あくまでも就活に相応しい服装が基本です。
採用担当者の人から見た好感度を基準に選ぶ事が大切です。まだ採用が決まっていない段階ですから、個性をアピールするよりも無難な選択がベターです。その点から言っても、黒のスーツと白のシャツというリクルートファッションが最適と言えます。
黒のスーツは、就職後も必ず必要となる服装ですから無駄になりません。
就活に相応しく、かつ就職後も長く使えるものを選ぶのがベストでしょう。靴とバックについても、黒でシンプルなデザインのものを選べば、後々も長く使えて便利です。