内定者だけの秘密!一次・二次・最終面接の知られざる真実 | 新卒就活.com

2016/10/17更新

内定者だけの秘密!一次・二次・最終面接の知られざる真実

就職活動の選考で必ず行われるのが一次面接・二次面接です。筆記試験、書類選考、グループディスカッションがない企業でも、面接は必ず行われます。
そして、面接の回数は通常、複数回に及びます。当然、毎回同じ職種・立場の人が出てくることはありません。面接官の立場が違えば当然、学生を見る視点も変わってくるのです。

確認しておきたい!面接が行われる流れ

mark-516277_960_720

就活を始めた頃になると、選考ではどのように準備すべきか悩みますよね。実は、どのような立場(役職)の人が担当しているのかによって、面接の目的・質問は変わってきます。
たとえば、応募者が多い場合になると、以下のように面接ごとに担当する立場の人が異なるでしょう。

===================
一次面接:足切りのグループ面接や他選考
二次面接:現場社員
三次面接:現場責任者
最終面接:役員面接
===================

段階を踏むため、気が引けてしまうかもしれませんが、基本的にそれぞれの事前準備をおわれば問題ありません。今回は一次面接、二次面接、最終面接に分けて、それぞれの面接の担当者が学生のどこを見ているのか、そして準備すべき項目についてご説明します。

一次面接を突破するポイント

silhouette-1447173_960_720

書類選考を突破すれば、一次面接に進みます。この一次面接を担当するのは大抵、現場の若手社員です。この一次面接では、学生のポテンシャルが見られています。ポテンシャルとは「伸びしろ」、つまり“将来的に成長していきそうか否か”です。つまり、一次面接はポテンシャル採用なのです。
このポテンシャル採用で見極められるのは次の3点です。

学生時代に頑張ってきたことは何か:伸びしろを見極める

どのように頑張ってきたのか。辛い時はどのように乗り越えてきたか。そうした取り組み方や取り組む姿勢を見ることで、伸びしろを見極めます。

たとえば、運動系のサークルに入っていた学生A,Bを面接するとします。
学生A「とにかく頑張って、全国大会で優勝しました」
学生B「半年後に大会があるから、そのときにこれだけの実力が必要で、そうするといま足りないものはこういう力で、・・・、といった風に、常に目標を意識して練習してきました」

この2人を並べたとき、学生Bの方が成長する可能性が高そうに思えますよね。なぜなら、行動に根拠が伴っているからです。根拠があれば、万が一努力する方向が間違っていても、すぐ原因を振り返って反省することができます。つまり、行動に伴う根拠、目標達成のための姿勢がみられているのです。

志望動機:将来優秀な人材になるまで働いてくれるのか

学生はポテンシャル採用です。つまり“いま持っている力”ではなく“将来どれだけの力が持てるか”を重視して採用の判断が為されます。逆にいえば、長期にわたって働いてもらうことを前提とした採用を行います。ポテンシャルが開花する前に辞められてしまっては困るわけです。
よって次のポイントはポテンシャルが開花するまで、学生が働いてくれるのかを見定めること、つまり志望動機になります。
志望動機、つまり “会社に入ってからやりたいこと”をしっかり持っている学生ならば、そう簡単に辞めないという判断が下せるのです。

もし志望動機が漠然としている場合には、「うちでやりたいことは?」「5年後にどういうことやっていたい?」と面接官から質問が投げられるでしょう。面接官はその答えから、先々まで見据えて会社を選んでいるのかを判断しようとします。

たまに、志望動機を答えるべき場面で自己PRを答えてしまう学生がいます。志望動機と自己PRの違いはコチラをチェックしてくださいね。

人間性:一緒にチームで仕事がしたい仲間かどうか

ポテンシャルがあり、そこで簡単には辞めないだろうと判断できれば、あとは現場で一緒に気持ちよく働けるかどうかです。

面接官は現場の最前線で働く社員、つまり、将来一緒に仕事をするメンバーと会っているわけです。そこで、たとえば性格的に合わなかったり、価値観が明らかに違う方向性を向いていたりすれば「この学生と一緒に、チームとして仕事をしていくことは難しそうだな」と判断して、採用を見送ることになります。これは面接官の主観的な判断になってきますので、あまり対策のしようがありません。

ですが「時間を守る」「言葉遣いを丁寧に」などの基本的なマナーに注意すれば、ほぼ問題なく通過できます。事前にマナーを確認しておくとよいでしょう。