ボーナスから控除される所得税の税率 | 新卒就活.com

2016/01/03更新

ボーナスから控除される所得税の税率

ボーナスの税率についてご紹介します。
かつては所得税がそれほど課せられることのなかったボーナスですが、現在では総報酬制に移行したことで、かなり天引きされるようになっています。
その仕組みと税率について詳しく把握しておくことは、何かと役に立つものとなります。

ボーナスから天引きされる税金

coin-1080535_960_720
毎年ボーナスの時期になると、その支給額が話題になります。
どの業種では何ヶ月分支給されたなどの情報が行き交うことになるわけです。
けれども実際には、手取りで受け取る金額はかなり少なくなっているものです。
税率は基本的に累進課税となるために、支給額が多いほどに引かれる税金は多くなるわけです。

●ボーナスの税率は前月の給与の金額で決まる!

実はボーナスの所得税の税率は、その支給額とは全く関係なく決まっているのです。
それでは何かというと、前月の給与から社会保険料を引いた金額なのです。
その金額と扶養親族の数によって、料率は変わってきます。
つまり、前の月の給料が高くなった場合には、ボーナスから所得税がかなり引かれることになります。

ボーナスの課税所得の算出方法

ボーナスの所得税を計算するための税率は、前月の給与によって変わることになります。
一方でその課税所得は、社会保険料を引くことで算出されます。社会保険料には健康保険料や厚生年金保険料、雇用保険料に分かれることになります。
健康保険料と厚生年金保険料は地域によって異なるものですが、会社と折半して納めることになります。

●ボーナスの所得税は年末調整で還付される!

ボーナスの税率は前月の給与によって決まりますが、それはボーナスが年間で給料の5ヶ月と仮定して定められたものとなります。
つまり、それよりも少ない金額であれば年末調整によって還付されることになります。
支給額が少ないと嘆く人も、年末には所得税の還付金を受け取ることができます。

ボーナスと給料とのバランス

社会保険料は、その対象となる給与に上限が定められる中で引かれることになります。
そのために、給与とボーナスとの合計がある程度の多さとなったならば、毎月の給与を増やしたりボーナスを4分割以上にすることで社会保険料を減らすことができます。

会社の支払う社会保険料を軽減するために、あえてボーナスを出さない企業もあります。

●ボーナスを出さないことで毎月の給与を増やして社会保険料を少なくできる!

年収で考えてある程度の収入があれば、毎月の給与を増やすと社会保険料を少なくすることが可能になります。
その代わりにボーナスの所得税の税率は高まります。
年末調整で改めて課税所得を算出するので、税率もまた設定しなおされることになります。けれども一度納めた社会保険料は変わることがないので注意が必要となります。

ボーナスから控除される所得税の税率は前月の給与を元に決まる!

このようにボーナスの所得税の税率は前月の給与を元に決まることがわかります。
社会保険料の調整もできることから、給与とボーナスとの比率を考える企業も多くあります。
それによって厚生年金の受取額も、また支払う税金も異なるので知識を持つことが必要となります。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆