自己PRで接客経験を効果的にアピールする方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRで接客経験を効果的にアピールする方法

自己PRで接客経験を効果的にアピールする方法をご紹介します。
自己PRではアルバイトでの経験をアピールしたいと思っている方も多いでしょう。特に接客でのアルバイトの経験がある方は、特にそう思っているのではないでしょうか。ここではそんな方の自己PRがより効果的になるように、接客の経験を自己PRでアピールする際のコツをみていきましょう。

自己PRで接客経験アピールする方法1,工夫した点を述べる

gahag-0019624714-1
接客の経験を自己PRでアピールする際には、接客の際の工夫をアピールすることが必要になります。
やらされていたからやっていたというような経験なんて経験とは言えません。それではなんのアピールにもならないでしょう。
自己PRでの経験とは、何かを工夫して行ったという経験でないとならないのです。
ですから、接客の際にどんなことを工夫していたかをアピールしましょう。

●困難を工夫で乗り越えたエピソードを話す!

それをアピールするためには、困難を工夫で乗り越えたというエピソードを記載していくのが良いでしょう。工夫をするには何かきっかけが必要ですから。また、困難を工夫で乗り越えたということで、問題解決能力もアピールすることができます。ゆえに、そうすることによりすごく魅力的な自己PRとなるのです。

自己PRで接客経験アピールする方法2,得たものを説明する

接客の経験を自己PRで語り、それにより相手に魅力的に思ってもらうためには、接客から得たものをアピールする必要があります。
その接客の経験を通じて、何をえたのか良く考えてみてください。そうすることにより、何事からも何かを学ぶ力のある人物であることも伝わります。するとより良い自己PRになるでしょう。

●自己PRでは幅広くアピールすることが大切!

自己PRでは幅広くアピールすることが大切なのです。
直接的なアピールポイントは一つでよいかもしれませんが、上手く構成すればそのアピールポイントを伝えながら、先述のような問題解決能力だったり、何事からも何かを得る能力だったりをアピールことも可能です。接客の経験から得たものも、必ず自己PRでは説明しましょう。

自己PRで接客経験アピールする方法3,仕事への活かし方を述べる

接客の仕事の経験、接客の仕事でしてきた工夫、そこで得たもの、それらをそこでの仕事にどう活かすのかということを述べることが、実は自己PRでは特に大切だったりします。
ですから自己PRでは必ず、接客から学んだものを仕事へどう活かしていくのか説明出来るようにして下さい。
それを説明することで、改めてきちんと自己をPRすることとなるのですから。

●企業研究をすることで仕事への熱意が伝わりやすくなる!

また、それを説明するためには、きちんと企業研究を行い、それがどんなところで活かせるかを考えないとなりませんよね。
ですから、それを説明することできちんと企業研究していることが伝わり、熱意の高さも伝わるようになっていくのです。
企業研究なんて熱意がないとできません。
ですから、企業研究しているということが伝われば、熱意の高さが伝わるようになり、自己PRを通して印象がよくなるようになるのです。

自己PRでは接客の仕事でしてきた工夫や得たものを仕事にどう活かすのかを述べるのが効果的!

以上、接客の経験を自己PRでアピールする際のコツのご紹介でした。
接客の経験を自己PRでアピールする際には、こうした工夫をもってアピールするようにしていってください。
多くの方が接客での経験をアピールしてくるだろうからこそ、こうして少しでも差をつけましょう。