事務の新卒採用に勝ち残るためのコツ | 新卒就活.com

2015/11/19更新

事務の新卒採用に勝ち残るためのコツ

事務の新卒採用に勝ち残るためのコツをご紹介します。
事務の新卒採用は非常に人気が高く、応募が殺到しがちです。
理由としては専門的な能力がなくてもやりやすい点や、営業や研究職ほど結果を求められるイメージがないからと言えます。
そのため、志望動機や自己PRで存分に自分をアピールする必要があります。

事務の新卒採用を勝ち取るコツ1,志望理由書を作成する

student-849824_640
事務は人気が高い職種で、事務新卒採用は特に応募が殺到する傾向があります。
事務はどの会社でも必要な人材のため、経験を積んでおくと転職などに有利な面もあるのです。
そのため、書類選考の時点で印象に残れるかも重要です。
エントリーシートなどにこだわるだけでなく、志望理由書を作成し、熱意をアピールするのも一つの方法です。

~志望理由書を提出すること自体が熱意を示すことになる!~

志望理由書はその名の通り志望動機を詳しく書いた書類で、通常は添付の必要がないものです。
しかし、どれだけ就職したいかなどのアピールには非常にポイントが高く、印象に残る確率も挙げてくれます。
応募者が多く、実力が拮抗した状態であれば、熱意が事務新卒採用に大きな影響を与える場合もあるのです。

事務の新卒採用を勝ち取るコツ2,会社のビジョンを共有すること

事務新卒採用のポイントとなるのが、企業が何を目指しているのかを深く知ることです。
応募者が多ければ、条件等で選ぶ人は一定割合はいるもので的外れとも言えるアピールをする人も出てきます。
ホームページだけでなく企業説明会等に参加して、製品やサービスを通じ、企業が成長目標を掲げるだけでなく何を成そうとしてるか共有することが重要です。

~企業と共通の目標に進める人材を求めている~

それは企業の将来像や理念に当たる部分です。
会社の理想の姿が見れれば、事務の仕事を通して会社に貢献しようと言う意識もわいてきます。事務は楽な仕事ではなく、企業を支える重要な仕事です。
事務新卒採用では、責任をもって職務を果たし、企業と共通の目標に進める人材が欲しいのです。

事務の新卒採用を勝ち取るコツ3,事務に役立つスキルを身に着ける

事務新卒採用は一から必要な技術などを教えてくれる場合がほとんどで、事前にスキルは必要としない場合も多いものです。
ただし、これはあくまで建前の話であり、ある程度表計算ソフト等を使いこなせる人材の方が教育期間も短く済み、人材育成のコストも下げることが出来ます。

~スキルがあれば即戦力として欲しがられる!~

また、勉強熱心で新しい技術を積極的に身に着けていけるかは重要な評価ポイントであり、指定がなくても資格の取得などで差をつけるのも方法なのです。
事務新卒採用は競争が厳しいからこそ、少しでも技術などで差をつける必要があります。
すでにある程度の資格を持っているのなら、英検などの多彩さで勝負することや、インターンシップなどの経験で攻めていくのも方法と言えます。

事務の新卒採用を勝ち取るためには将来的な企業のビジョンを知ること!

事務新卒採用は競争率が高い事が多く、志望動機や自己PRが重要になるケースも多いものです。
履歴書とは別に志望理由書を別途作成するのも方法で、熱意をアピールすることが出来ます。
他にも企業の理想を正しく理解することや、資格や経験をPRするのも方法で、武器が多いほど自信をもって就活に挑めるのです。