事務職の面接で聞かれる質問対策 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

事務職の面接で聞かれる質問対策

事務職の面接で聞かれる質問対策についてご紹介します。
事務職は女性に人気な職業です。
ずっとパソコンに向かって仕事をするイメージがありますが、そんなことはありません。
むしろ外から来た顧客の接待なので相応のコミュニケーション能力が必要とされているのです。

事務職の面接質問に対する準備

pen-390095_640

今後就職活動をして自分の希望する仕事に就きたいと考えている方は多いと思います。
そのような方達の中には事務系の仕事に就くことを希望されている方もいるでしょう。
面接で会社側からの質問に適切に答えることはとても大切です。
面接で自分をしっかりとアピールするために、まずは自分の能力を高めておくことが必要でしょう。

●パソコンに関する知識やスキルを高めておくこと!

具体的には
・パソコンのエクセルとワードの基本的な操作
それに加えて
・パワーポイントやエクセルの表計算
なども出来れば、より高い評価をもらうことが出来るでしょう。また、会社によっては事務の方が経理に関係することを行う場合もあります。そのような場合に備えて簿記の資格を取得しておくと良いでしょう。
・日商簿記2級の資格を取得しておく
資格を取得しておくことで事務の仕事に就ける可能性は高くなります。
面接で質問をされたときに、このような努力をしてきたということを伝えるようにしましょう。

事務職の面接質問では自分の長所を伝える

面接では、まず姿勢をしっかりとして笑顔で受け答えをするようにしましょう。
笑顔ではっきりと質問に対する受け答えが出来れば、面接官からの評価もより良いものになるはずです。
事務の仕事に就くための面接では色々な質問をされることになります。
特に多い質問はどうして事務の仕事をしたいのかということです。

●長所と仕事を結びつける話し方がポイント!

そこでは自分がなぜ事務の仕事に就きたいのかを理由を含めてしっかりと伝えましょう。
責任感があり細かい作業も得意だという方は、そのような自分の長所を活かせる仕事がしたかったというように答えると良いです。
自分の性格における長所を把握しておき、それを仕事に結び付けるようにしておくことが大切でしょう。
また、縁の下の力持ちという存在でもあるので、事務の仕事を通して会社に貢献したい気持ちを表現できるようにしておくべきです。

面接の質問では事務に活かせる能力をアピールする!

次に面接でされる可能性のある質問として、「どのような能力があるのか、それを仕事にどう活かすのか」という質問があります。
この質問に対応するためには、日ごろから自己分析をしっかりと行っておくことが大切です。

・アルバイトなどで身に着けた能力
・学生時代に友人と過ごした時間で培った経験

●自己分析は必須!仕事に活かせる能力やスキルを把握しておくこと

こういったことを明確にしておくことで、こうした質問にも適切な答えを返すことが出来るでしょう。
特に事務の仕事は他の社員と話す機会が多いので、コミュニケーション能力が必要とされます。そういった能力があるということも事務の面接でアピールできれば良いでしょう。

事務職の面接ではどんな質問にも冷静に対応し的確な回答をすること!

このように、事務の面接では質問に対してしっかりと答えられるように準備をすることが大切になります。
日頃からパソコンや簿記などの勉強を行うことや資格を取得すれば就職を有利に進めることが出来るでしょう。
また、自分が持っている能力を把握するために自己分析をすることも必要です。

会社によっては集団面接がある場合もあります。そのような場合も他の人を意識し過ぎないようにしましょう。
また、事務の仕事に関係のない質問をしてくる場合もあります。
そのような場合も自己分析をしっかりと行っていれば応えられるものが多いので、冷静になって対応するようにしましょう。