今すぐできるグループディスカッションの5つの練習方法 | 新卒就活.com

2016/08/24更新

今すぐできるグループディスカッションの5つの練習方法

グループディスカッションは複数人で取り組むものですので、なかなか練習できません。そのため、ぶっつけ本番で選考に臨む学生も少なくないと思います。そこで今回は、グループディスカッションの練習方法について簡単にお伝えできればと思います。

1. 日常生活でマナーや態度を意識する

グループディスカッションでは、能力以上にマナーや態度が見られています。どんなにリーダーとして議論をうまくまとめようと、面白いアイデアを発言しようと、マナーや参加態度が悪ければそれだけで落とされてしまいます。
グループディスカッション中は、議論に集中している為、意外とマナーが崩れやすいです。筆者が見てきた中ですと、メモを取る時に思わず頬杖をついてしまったり、姿勢が悪くなってきたり、無意識に貧乏揺すりをしていたり、そうした学生がいました。
無意識にでもきちんとした対人マナーや態度が取れるよう、日常生活から意識しておきましょう。

2. ゼミの発表などで練習する

学生にとってグループディスカッションに最も近いのは、ゼミでしょう。他にもサークルのミーティングやアルバイト等もあると思います。そうした場で、自分の意見を分かりやすく伝える練習、相手の意見の意図を正確に汲み取る等、コミュニケーションの練習を積むことが出来ます。結論から伝える、専門用語を使わないで伝える、だらだら話さず簡潔に伝えるなど、基本的なコミュニケーションを会得する上で、こうした場は非常に有効です。