仕事に就くための面接で採用されない人のポイントと対策 | 新卒就活.com

2015/11/27更新

仕事に就くための面接で採用されない人のポイントと対策

仕事に就くための面接で採用されない人のポイントと対策をご紹介します。
仕事に就かないということと、現実問題で仕事に就けないということには違いがあります。
何度も不採用を経験している方の中には、ある意味での負け癖がついて、面接に落ちやすいパターンに陥っている人も多くいるようです。

仕事に就くための面接で採用されない人1,第一印象が悪い

puzzle-693873_640
仕事の面接で不採用通知ばかり届く人には共通する2つのポイントがあるようです。
実際に不採用の通知を受け続けるので、アドバイザーの方に指導をお願いしたりする方もいらっしゃるかもしてません。
仕事での面接は対面で行われるわけですから、実際に会った際の第一印象が採用不採用に大きく影響していると言われています。

~見た目が第一印象の7割りを占める~

あるアドバイザーによれば「見た目の印象が7割を占める」と言われるほど、第一印象は重要です。
仕事に適した服装か、という点から見れば髪型や色、爪の処理等でも実際に職場で仕事が続くかどうかということは一目瞭然なのです。

~話し方も重要!コミュニケーション能力は仕事をするうえで欠かせない~

またあるアドバイスによれば「声が小さい、面接の際にぼそぼそと喋るとそれだけで不採用になります」といった声もあります。
たとえ仕事に支障があっても、コミュニケーションがちゃんと取れる方はそれだけでプラスの評価を受けます。

仕事に就くための面接で採用されない人2,ネガティブな思考

また第二新卒の場合などで、仕事にブランクなどがある場合も理由を聞かれます。
その場合でも、ネガティブな理由を並べ立てる人は不採用になりやすいと言われます。
たとえブランクがあったとしても、そこから何を得たか、何を学んだのかということを積極的に話せる人は仕事でも頼りがいのある人に見えるはずです。

~マイナスな印象を与える言葉をポジティブに言い換えることが重要!~

専門学校など、自分の興味関心が受けている仕事の面接内容から外れていても、その学校に入った理由や夢を持っておりそれを仕事と両立できる。という風に言い切れる人間は評価が高く、採用をもらいやすい傾向があります。つまり「熱中できるものがある」ということ自体がプラスの評価として受け取られる受け答えが重要です。

仕事に就くための面接で採用されるためには??

しかしそれらの面が必ず不採用になる理由とは限らないのです。
物事には必ずいい面がありますから、前向きに自分の経験を語れる人は仕事でも成長しやすい人として好評化を受けます。
要するに「意欲がある」という方向に話を持っていけばOKなわけです。
こうした点も採用担当者の人たちは見ています。消極的な人は仕事でも消極的なのではないかと思われがちなのです。

~過去の経験から自分の行動がプラスに働いた出来事などを洗い出すこと~

将来の見通しが不透明で明日のことさえわからない、という人は残念ながら仕事での評価は高くなりにくく、不採用になる傾向が強いようです。
そういう時には一度自分の現状や通ってきた道筋を振り返り、プラスに働いたところやこれからプラスにしていけるポイントなどを洗い出してみるのもいいかもしれません。

仕事に就くための面接で採用されるためには物事を前向きに捉える姿勢を持つこと

以上、仕事に就くための面接で採用されない人のポイントと対策をご紹介しました。
仕事で不採用になりやすい人のポイントととしては、やはり「意欲が感じない」という点や「消極的」だとか、あるいは「物事を後ろ向きに見やすい」という点があげられるようです。
みなさんも仕事の面接の際にはしっかり自己アピールできるように事前準備を万端にして面接望んではいかがでしょうか?