企業の求める人材像とは?就活の豆知識 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

企業の求める人材像とは?就活の豆知識

就活生にとって企業の求める人材像を知っておくことはとても重要です。
学生自身が企業の求める人材像と一致していく人物でなければその企業には採用してもらえません。
企業の求める人材像とはなんであるのかをしっかりと理解し、そのような人材像に沿ったアピール方法を考えましょう。

企業の求める人材像1,コミュニケーション能力のある人

superhero-534120_640
企業に対して企業の求める人材像についてアンケートをとると、必ずといっていいほどこの「コミュニケーション能力がある人」という項目が1位にあがります。
企業の求める人材像にコミュニケーション能力があるかどうかというのは、それくらい欠かせない項目なのです。

●コミュニケーション能力=自分の意見を発言できる!

コミュニケーションがあることをアピールするために、「学生時代は○○というグループに所属し、○○人の人と仲良くなりました。」と友達の人数をアピールしても意味はありません。
コミュニケーション能力とは、単にたくさんの人と打ち解けて仲良くなる能力だけではなく、自分の意見を集団の中でもはっきりといえることも必要だからです。

企業の求める人材像2,忍耐力のある人

つぎに、企業の求める人材像としては忍耐力のある人が挙げられるでしょう。
今の世代の若者はゆとり世代ともいわれ、昔に比べると我慢が足りないなどと揶揄されることがよくあります。
事実、せっかく自分が入りたいといっていた会社に入っても「やっぱり合わなかった。」といって数年も経たないうちにやめてしまうという若者は数多くいます。

人の嫌がる仕事でも率先して引き受ける姿勢が大事

会社に入ってすぐに自分がやりたいことをやらせてもらえないのは当たり前です。
わがままを言って軽い気持ちで会社を辞めてしまうような人とはだれも仕事をしたくありません。
企業の求める人材像は人の嫌がる仕事でも耐え忍んでやる人物です。

企業の求める人材像3,柔軟性のある人

最後に、企業の求める人材像として対応力のある人というのが挙げられるでしょう。
会社は学生のように時間割のとおりに動くわけではありません。
社会人として働くというのは学生でいるときよりも多くの予期せぬ事態が発生します。
それらの予期せぬ事態に臨機応変に対応できる人こそ企業の求める人材像なのです。

●日頃から自発的に動く癖をつけることが大切!

会に出てから使えるほどの対応力を身につけるのは、社会人として経験を積んでいくしかありませんが、学生時代でも対応力を鍛えることくらいはできます。
学生は不足の事態が発生した場合、親のせいにしたり、先生のせいにしたり、あるいは学校の友達のせいにして逃げるという選択肢もあります。
しかし、このようなときにできるだけ自発的に行動し、自ら責任を負うことで、社会人になったときの練習になるでしょう。

企業の求める人材像は「社会人なら当たり前のこと」ができる学生!

この記事を読んで企業の求める人材像が少しは見えてきたでしょうか?
就活においてはこのような人材にできるだけ近づけるよう努力すること、あるいはこのような人材を目指しているということをアピールすることが大切になってきます。
自分の行きたい企業に就職できるよう、これらのことを意識して努力していきましょう。