企業セミナーとは?就活生が参加する前に知っておくべき心構え | 新卒就活.com

2016/08/04更新

企業セミナーとは?就活生が参加する前に知っておくべき心構え

企業セミナーとは就職活動を行う上で参加は必要不可欠だといえます。
しかし多くの就活生は企業セミナーを企業の情報を得る場所と勘違いしている場合があいます。
そのため企業セミナーとはとは何か、企業セミナーとはどのようなものかを正しく把握する必要があります。

企業セミナーとは??

1024-cc-library010007338
就活生が参加をする企業セミナーとは、企業側が就活生に対して企業の説明をする場というのは概ね間違いではないと言えます。
しかし企業側がただ説明をするだけであればわざわざ企業セミナーを開くまでもなく、説明書類の配布やパンフレット、HPで詳しく説明をすれば良いわけですので、企業セミナーとはそれ以外に重要な役割があると考える必要があると言えます。

~企業セミナーは就活生をチェックする場でもある~

企業セミナーとはその企業に興味がある就活生だけが参加をするセミナーとも考えられますので、そう考えた場合企業セミナーとは企業側が就活生をチェックする場でもあると言えるわけです。
そのため、ただ説明を聞くためだけに参加をするのは間違いで、企業に対する疑問や質問を率先して行うかどうかで企業側の印象も大きく変わってくると言えます。

企業セミナーに参加する際に必要な心構えとは??

企業セミナーとは必ず目的意識を持って参加をするべきセミナーだと言えます。
少なくともその企業セミナーに参加した以上はその企業に興味があり就職を考えていると企業側に意思表示していると言えますので、企業セミナーに参加したからには自分がその企業セミナーで何を得るのか、そして何を目的で参加したのかを明確にしておく必要があります。

~企業に聞きたいことをリストアップして質問をする姿勢が重要~

ただ漠然と企業セミナーに参加した場合、そのセミナーで得られるものは少なくただ企業説明だけ聞いて帰ると言うことになってしまいます。
企業セミナーとはその時点ですでに就活が始まっていると認識すべき場所ですし、他の参加者もその企業への就職を望んでいる人だと言うことをはっきりと認識する必要があります。
そのため必ず企業に聞きたいことをリストアップして質問を行い、企業に対するアピールを行うようにすることが重要と言えます。
企業側も率先して質問をする就活生には好印象を持ちますし、逆に何も言わずただ黙ってその会場にいるだけの就活生はやる気がないと判断することもあると言えます。

企業セミナーにおける個別と合同の違い

企業セミナーとは企業の説明会だけでなく就活生と企業が初めて向かい合う場所だと言えます。
そのため、特に個別のセミナー参加の場合は、目的意識をしっかりと持って参加しなければ何の収穫も得られなくなります。
しかし合同セミナーの場合は同業種の企業が一堂に会してそれぞれのブースを設けて行うセミナーとなるため、個別セミナーとは少々趣が変わってくると言えます。

~合同セミナーの場合は会社の内容を知ってもらう趣旨が強い!~

合同の企業セミナーとは、企業が就活生に会社の内容を知ってもらうという意味合いで行うセミナーのため、個別の企業セミナーよりもライトなセミナーと言えます。
その為どちらかといえば情報取集と顔見せの場という意味合いが強く、個別セミナーほどの重要性がないと言えるかもしれません。
しかし合同の企業セミナーにおいても、やはり企業へ対しての質問は必ず行うべきだと言えますし、それによって疑問の解消と自己アピールが出来ることになるので、その後の就活にも繋がる場合が多いと言えます。
そのため個別でも合同でも企業セミナーとは重要なものだと認識し、参加した時間を無駄に過ごさないように心掛ける必要があります。

企業セミナーとは情報収集のためとその後の選考に繋げるために必要なツール

企業セミナーとは情報収集とその後の就活につなげるために必要なものだと言えます。
ですから気になる企業のセミナーに参加した場合は必ず自己アピールを行い、企業に対して自分を印象付けることが重要になると言えます。
もちろんきちんとセミナーを聞き情報を収集することも大事なので、それも忘れずに行うようにしましょう。