企業セミナーに参加する際の心構えとは | 新卒就活.com

2016/08/04更新

企業セミナーに参加する際の心構えとは

企業セミナーに参加する際の心構えをご紹介します。
就活生の多くが志望する業界・企業のセミナー(会社説明会)に参加します
し、企業セミナーはネットの情報とは違って、社員からの生の情報を得られるでメリットがあります。
一方で、企業と就活生の初顔合わせという意味もあるので、参加する際には心構えが必要です。

企業セミナーに参加する際の心構え1,選考の一環であると考える

meeting-room-730679_640

企業セミナーというのは、ただ会社説明をするだけの説明の場ではありません。
企業セミナー終了後、一次面接が行なわれるケースも数多くあり、また、企業セミナーに参加した就活生だけが次の採用段階の案内を知ることができる場合もあります。
つまり、企業セミナーに参加するというのは、企業側の採用スケジュールに乗っかる覚悟で参加する必要があるのです。

~企業セミナー後に選考が行われる場合が多い!~

実際、企業セミナーというのは、合同企業説明会などより少し遅れて開催されるケースが多く、各社の面接時期に行われています。
ですから、企業セミナーは選考試験の意味合いが強いという意識を持ちながら参加すべきなのです。
だからこそ、安易な気持ちでの参加は避けるべきなのです。

企業セミナーに参加する際の心構え2,常にみられている意識を持つ

企業側は自社で行われるセミナーに対し、ホームページや就職サイト、会社案内での情報以外を伝え、就活生に数ある企業からこちらに目を向けさせることを目的としています。
ですので、就活生の満足度を高め、志望意欲の向上につなげることが重要と考えています。

~セミナーは企業にとって人材の早期発掘の場!~

また、社員とのコミュニケーションから就活生たちに実際の仕事のイメージをつかんでもらい、社員の人物的な魅力からも動機づけを行ないたいと考えているのです。
一方で、企業セミナーはやはり人材の早期発掘の場です。
就活生への企業説明はもちろん、就活生の第一印象、態度、表情などから目ぼしい学生をチェックしています。
ですので、企業側が求めることに応えるといった意気込みが、参加の上で重要となるのです。

企業セミナーに参加する際の心構え3,話を聞く姿勢が重要

一人一人の就活生の表情や動作というのは、企業セミナーの壇上で話をする採用担当者には非常に伝わると言われています。
100人の就活生がいた場合、自分は100分の1の参加者の一人といった意識ではなく、壇上で話す採用担当者とまるでマンツーマンのように接するんだという意気込みや視線の力が必要になります。
そうした就活生は、企業側にも好印象を与え、いつまでも目立つものです。

~積極的な態度と前向きな姿勢を示すこと~

一方、採用担当者が何を話していても無表情、無関心、無反応といった就活生は、悪い意味で大変目立ってしまうため、注意が必要です。
将来一緒に働くかもしれない人物が、無関心な態度でセミナーにのぞんでいたら、入社しても毎日こんな態度で仕事をするのだろうかと、採用担当者に不安な気持ちを抱かせてしまう恐れがあります。
だからこそ、企業との貴重な場として前向きな態度、表情が重要なのです。

企業セミナーに参加する際は常に採用担当者に評価されている意識を持つこと!

以上企業セミナーに参加する際の心構えについてご紹介しました。
このように、企業セミナーはただの説明会ではなく、一つの選考試験という意識でとらえ、採用担当者の話を聞いているときから選考のためのチェックがされているといった意識を強く持たれることをアドバイスします。ぜひ、頑張ってください。