企業研究をする時のオススメの方法 | 新卒就活.com

2016/08/29更新

企業研究をする時のオススメの方法

企業研究をする時のオススメの方法をお教えします。
就活を始めたのだから企業研究をしなくては!!という方も多いでしょう。
しかし、一体どこからすれば良いものかと分からない方もいるはず。今回は企業研究をする時のオススメの方法をお教えします。就活を効率的に進めるためには知っておくべきです。

就職活動における企業研究とは何か・なぜ大事なのか

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

就活では企業研究が大切だとよく言われます。
では、企業研究とは何なのでしょうか。
そしてどのような方法で進めればいいのでしょうか。
企業研究とは一言でいうと「応募する企業や興味を持った企業についての情報を調べて、その企業についての理解を深めるという一連の活動」の事をいいます。

~企業選択で今後後悔しないためにも事前の企業研究は非常に大切~
企業研究を恋愛で例えてみましょう。

まず、気になる異性が見つかりました。
そこであなたは、「その子の趣味を調べてみる」「その子の評判を他の子に聞いてみる」「その子の過去の恋愛について聞いてみる」等の方法でその異性の事を色々知ろうとするでしょう。

企業研究も同じで気になる企業が見つかった場合にその企業の事を色々調べてみようというものです。
調べた結果、「その企業の仕事の内容で私のこの強みが生かせます」とか、「この企業のこういう制度が魅了的なのでぜひ入ってみたい」とモチベーションが上がったりとか、逆によく聞く会社なので興味をもって調べてみたら実は職場の環境がいまいちのようだった・・・等々、色々な情報が見つかる場合があります。

企業選択で後悔しないためにも、企業研究を事前にしっかり行っておくという事は非常に大切です。

企業研究をすることで得られるメリットとは

企業研究の重要性は昔から言われてきました。

しかし企業研究の方法については千差万別で明確な方法論はない状態でした。
そもそも企業研究をする事のメリットは何でしょうか?

まずは、企業研究を行う事により無駄に企業にエントリーする事を避ける事が出来るという事があります。
企業研究により自分とは合わないと思われる企業や評判の良くない企業が見つかる場合があります。
そのような企業が見つかった場合に事前にエントリーを取りやめる事でその後の試験や面接を無駄に受ける時間を削減する事が出来ます。

~企業研究を行えばミスマッチングを防ぎ内定を取る可能性が上がる!~

加えて、企業研究をしっかり行う事で内定を取る可能性が上がるという事があります
企業研究をしっかり行ったうえでエントリーシートを書くことで他の学生との差別化が図れます。

しっかりと一つの企業を研究してエントリーシートを書き上げた方が、薄い内容のエントリーシートを何十枚も書くよりも就活がスムーズに進む可能性が高くなります。

企業研究の強い味方である企業研究シートとは

「企業についての情報を調べる事が大切なのは分かった。しかし、どのような方法で調べていいのか及び何を調べればいいのか分からない」という学生のために、誰でも簡単な方法で企業研究を進める事が出来るようにという目的で作られたのが、企業研究シートです。
企業研究シートは「日経就職Navi」、「マイナビ」等の就活関係の情報を扱っているホームページに行けばダウンロードすることが出来ます。

これらのシートには志望する企業の「業界内での位置づけやシェア」「同業他社と比べた時の強み、弱み、違い、特徴」「企業の現状と課題・将来性」等々の欄が用意されており、これらの項目を埋めていくだけで志望する企業の情報を知ることが出来るような仕組みになっています。

~企業研究シートを使う事で志望企業の強み・弱み・特長・違いが一目で分かるようになる!!~

企業研究を行う事の重要性は昔から言われてきました。

しかし、昔は実際に企業研究を進めるという段階になるとどういう方法で進めていいのか見当がつかないというケースが多くありました。

とりあえず目的もなく会社四季報を眺めてみたり、当てもなくOB・OG訪問を繰り返してみたり、何となくネットで志望企業の名前をキーワードで検索してみたりして、何となく得た情報をもとに企業研究を行うという状態でした。

しかし、この「企業研究シート」はあいまいだった企業研究の方法の道筋を示してくれています。

「企業研究シート」を用いる事で非常に効率的に進める事が出来るでしょう。

企業研究をする時のオススメの方法は「企業研究シート」を使うこと!!

企業研究をする時のオススメの方法は「企業研究シート」を使うことです。
企業とのミスマッチを防ぐためにの企業研究シートを使用して、効率的に企業研究を行ってゆきましょう。

今後の就職活動の参考にしてくださいね!!