企業研究シートをたった3日間で就活に活用できるようにする奇跡の方法 | 新卒就活.com

2016/08/31更新

企業研究シートをたった3日間で就活に活用できるようにする奇跡の方法

企業研究シートとは何かご存知でしょうか?企業研究シートは就職活動するうえで欠かせない大切なものです。しかし、就活生からするとそんなに重要度が高 いとは思っていないようです。企業研究シートは一歩間違えると、縁と自らで切ってしまいかねません。
そうならないためにも、今回は、企業研究シートの重要性を確認しましょう。

企業研究シートは縁を繋ぐもの

young-791849_640

企業シートは就活をするうえで欠かすことのできないツールです。なぜなら、志望する企業の特徴を知り、自分に合うのかも簡単に確認ができて役に立つ存在だからです。
また企業研究シートは、選考情報や日程を管理ができるところでも役に立ちます。

就活を始めると多くの企業との出会いがあり、縁も必要なところです。
縁を結ぶためには大量な資料と、多くの情報を相手にしなければならないのが就職活動生の宿命です。ですが企業シートを利用すると資料を最小限に抑えられます。

企業シートを作成することによって、企業の就職説明会の選考日程や場所、持ち物などはそれぞれに違いがあるため、細かいところも簡単に把握ができるため存在感が高くなります。

選考に必要な情報を管理するためのツール

特に説明会と選考日程はしっかり管理しておかないと、説明会に参加して縁を結びにつなげる可能性を途絶えさせてしまいます。
企業によっては、参加すると言っておきながら無断欠席してしまうと、次回からの予約がとれなくなることがあります。そのため、都合が悪くなった場合は、しっかりキャンセルの手続きをしておきましょう。

就職に役立つ企業研究シートの存在は、志望する企業を比較や検討して志望の順位を決定して、記入がすぐにできるところからも感じられます。

企業研究シートを利用するには自分を知ることが大切

paper-571937_1920

就活生が企業研究シートを上手に利用していくためには、志望する企業研究の仕方も求められています。
研究の仕方は自分を理解するところからスタートします。自分が企業において実現させたいこと、自分が関心を持っていることなどを記入していくには、自己分析をしておくことが求められます。
自分が興味や関心を持つ企業の情報を収集していくためには簡単な業界研究も必要です。

自己分析と企業研究によって志望する企業の特徴が見えてくる

企業研究シートは、業界全体の景気動向を探って、その成長や将来性を分析することができ、すばやく自分が志望する企業の特徴が見えてきます。
また、自分が志望する企業の具体的な業種や職種を把握して、自分なりの考えを書き込んで、事業や仕事を調べて文章にできます。

就職後、ミスマッチが起こらないようにするためにも企業や業界など、自分が関わりたいところなどをよく調べて、企業研究シートにまとめることが適切な利用方法といえます。

企業研究シートを利用する際の記入と注意点

colour-pencils-450621_1920

収集する情報は上手な整理が求められてきますが、企業研究シートを活用すれば、必要なときに膨大な情報を取り出せるようになります。
そのためには記入欄を適切に利用する必要があります。

企業研究シートには企業データと経営理念や社風、待遇面と募集要項、志望理由などが記入欄があります。
企業データは、企業の基本的な情報を記入する場所であり、代表者名や資本金、社員数や所在地などを記入していきます。

訪問した際に感じた印象や待遇面は具体的に記入すること

経営理念や社風の欄には、企業の案内やホームページから分かった企業の考え方や雰囲気や訪問をして感じたことがある場合は、細かい印象を記入しましょう。

待遇面としては、給与や賞与、昇給や教育研修、手当てなどについて記入していく欄となっています。
募集要項には募集人数や募集している職種などを詳しく記入するところであり、自分の考えを改めて整理するためにも具体的に書くことが求められます。

企業研究シートは企業の特徴が把握できミスマッチを防げ比較検討ができる

space-1059760_1920 (1)

就活生が就職活動をする際に膨大な企業の情報に悩むことがあります。そんなときには、企業研究シートの利用方法を正しく理解することで就職の役に立てられます。
記入していると企業の就職説明会の選考日程や場所、持ち物などが簡単に把握ができるようになります。
また、志望する企業を比較検討して志望順位を決定して、志望度の高い企業から記入ができます。

適切な記入を可能にするためには企業や業界、自分を知ることが大切になります。
自己分析をすることで企業への自分が興味や関心を確認ができますが、業界研究は業界全体の景気動向を探って業界の成長や将来を分析もできて、自分が志望する企業が具体的な業種や職種を把握すると考えも書き込めるようになります。

また、企業研究シートを利用する際の手順として企業データや経営理念などの記入欄には、自分が企業を知る限りの印象や整理する気持ちを書いて行くことで、面接などで「なぜうちなの?」という質問に対して明確な回答をすることができるメリットが生まれてきます。